医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問101】

    一般用医薬品の添付文書に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 一般用医薬品の添付文書には、販売名の上部に「使用にあたって、この説明文書を必ず読むこと。 また、必要なときに読めるよう大切に保存すること。」等の文言が記載されている。
    2. 一般用医薬品の添付文書の内容は、3年毎に改訂される。
    3. 一般用医薬品の添付文書において、適正使用情報は、一般の生活者に理解しやすい平易な表現で 記載されている。
    4. 一般用医薬品の販売名に薬効名が含まれているような場合には(例えば、「○○胃腸薬」など)、添付 文書において薬効名の記載は省略されることがある。

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問102】

    一般用医薬品の適正使用情報に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般用医薬品を使用した人が医療機関を受診する際には、その添付文書を持参し、医師や薬剤師に 見せて相談がなされることが重要である。
    2. 一般用検査薬は、その検査結果のみで確定診断はできないので、判定が陽性であれば速やかに 薬剤師の診断を受ける旨が添付文書に記載されている。
    3. 一般用医薬品の添付文書の記載事項のうち、「使用上の注意」、「してはいけないこと」及び「相談 すること」の各項目の見出しには、それぞれ統一された標識的マークが付されている。
    4. 一般用医薬品は、効能・効果、用法・用量、起こりえる副作用等、その適正な使用のために必要な 情報(適正使用情報)を伴って初めて医薬品としての機能を発揮するものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問103】

    医薬品の適正使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)/アナフィラキシー様症状、皮膚粘膜眼 症候群、中毒性表皮壊死症、喘息等が掲げられている医薬品では、アレルギーの既往歴がある人等は使用しない ことと添付文書に記載されている。
    2. 一般用医薬品と医療用医薬品の併用により、同一成分又は類似の作用を有する成分が重複する場合 には、使用者の判断で医療用医薬品の使用を控えるべきである。
    3. 添付文書の「してはいけないこと」の項目に「長期連用しないこと」と記載されている一般用医薬品 については、症状が改善したか否かによらず、漫然と使用し続けることは避ける必要がある。
    4. 小児に使用される一般用医薬品の添付文書には、「してはいけないこと」の項目においては、 「服用時は飲酒しないこと」等、小児では通常当てはまらない内容は記載されない。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(b,c)

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問104】

    一般用医薬品の適正使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 一般用医薬品の添付文書の「相談すること」の項目には、その医薬品を使用した後、速やかに、その 適否について専門家に相談した上で適切な判断がなされることが望ましい場合について記載されている。
    2. 配合されている成分の作用によって眠気や異常なまぶしさ等が引き起こされることがある一般用 医薬品の添付文書には、「服用後、乗物または機械類の運転操作をしないこと」と記載されている。
    3. 添付文書の「相談すること」の項目に「妊婦または妊娠していると思われる人」と記載されている 一般用医薬品については、全て科学的なデータによりヒトにおける具体的な悪影響が判明している。
    4. 一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の項目には、守らないと症状が悪化する事項、 副作用又は事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(b,c)

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問105】

    次のうち、小児が使用するとメトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、その成分が含 まれる一般用医薬品の添付文書に6歳未満の小児は使用しないように記載されているものはどれか。

    1. アミノ安息香酸エチル
    2. イブプロフェン
    3. アスピリン
    4. オキセサゼイン

    ※登録販売者 平成23年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)