主な医薬品とその作用【問081~085】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問081】

    胃に作用する薬に含まれる成分とその主な配合目的に関する次の記述のうち、正しいものの 組み合わせはどれか。

    (成分) (配合目的)
    a 炭酸水素ナトリウム 消泡
    b ウルソデオキシコール酸 消化
    c テプレノン 健胃
    d ロートエキス 胃液分泌抑制

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問082】

    次の健胃薬に含まれる生薬成分のうち、苦味による健胃作用を期待して用いられる成分として、 正しいものの組み合わせはどれか。

    1. オウバク
    2. ケイヒ
    3. コウボク
    4. ゲンチアナ
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問083】

    止瀉薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. タンニン酸アルブミンに含まれるアルブミンは、牛乳に含まれる蛋白質(カゼイン)から精製された 成分であるため、牛乳にアレルギーがある人では使用を避ける必要がある。
    2. 塩酸ロペラミドは、腸管の運動を低下させる作用を示すので、胃腸鎮痛鎮痙薬の併用は避ける必要がある。
    3. クレオソートは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させる作用がある。
    4. ビスマスを含む成分は、腸内で発生した有毒物質を分解する作用も持つとされる。

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問084】

    瀉下薬であるヒマシ油に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられている。
    2. 加香ヒマシ油は、腸内容物の緩和な排除を目的として用いられるため、3歳未満の乳幼児に使用可能である。
    3. 防虫剤や殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合のような脂溶性の物質による中毒には使用を避ける必要がある。
    4. 吸収された成分が乳汁中に移行しないため、母乳を与える女性でも安全に使用できる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問085】

    腸の薬(整腸薬、止瀉薬、瀉下薬)との相互作用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 生菌成分が配合された整腸薬に、腸内殺菌成分が配合された止瀉薬を併用した場合、生菌成分の 働きが腸内殺菌成分によって弱められる。
    2. 腸内細菌による分解を受けて作用する成分が配合された瀉下薬に、生菌成分が配合された整腸薬を 併用した場合、瀉下作用が強く現れるおそれがある。
    3. 食品には緩下作用(緩和な瀉下作用)を示すものはないため、食品との相互作用は考慮する必要はない。
    4. 複数の瀉下薬を併用すると、激しい腹痛を伴う下痢や下痢に伴う脱水症状等を生じるおそれがある。

    ※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)