沖縄県で出題された登録販売者試験の過去問題

    沖縄県で行われる登録販売者試験は毎年10月頃実施されます。 過去に実施された試験結果から、 沖縄県の登録販売者試験の平均合格率は40.1%です。 試験を管轄しているのは「沖縄県薬務疾病対策課」となっており、 前回の試験会場は国立大学法人琉球大学(沖縄県西原町)/ 沖縄県立看護大学(沖縄県那覇市)


    沖縄県:登録販売者試験の過去問題

    登録販売者の試験は以下の5項目から各20~40問出題される。

    • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
    • 人体の働きと医薬品
    • 主な医薬品とその作用
    • 薬事関係法規・制度
    • 医薬品の適正使用・安全対策

    試験での出題総数は120問で、 全体平均70%以上の正答率が合格ラインとなります。 ただし、上記5項目の中で正答率が35~40%以下の項目が ひとつでもあれば、全体の正答率が70%以上であっても 不合格となります。ですので、全項目均一に正答できる 力を付ける必要があります。

    項目ごとに集中して勉強したい、若しくは弱点を克服するなら薬剤師の解説が付いたコチラがおすすめです。

    毎日更新を目指して続々と問題を追加中!
    更新のお知らせはトップページの新着情報にて公開中です!