医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問101】

    医薬品の適正使用情報に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 要指導医薬品又は一般用医薬品は、薬剤師、登録販売者その他の医薬関係者から提供された情報に基づき、一般の生活者が購入し、自己の判断で使用するものである。
    2. 要指導医薬品又は一般用医薬品の添付文書や製品表示に記載されている適正使用情報は、医薬品の販売に従事する薬剤師や登録販売者向けの専門的な表現で記載されている。
    3. 医薬品は、効能・効果、用法・用量、起こり得る副作用等、その適正な使用のために必要な情報(適正使用情報)を伴って初めて医薬品としての機能を発揮するものである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問102】

    一般用医薬品の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 添付文書の内容は、医薬品の有効性・安全性等に係る新たな知見、使用に係る情報に基づき、6か月に1回定期的に改訂されている。
    2. 薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質が簡潔な分かりやすい表現で示されたものであるが、 販売名に薬効名が含まれている場合でも、薬効名の記載は省略できない。
    3. 一般用医薬品を使用した人が医療機関を受診する際には、その添付文書を持参し、医師や薬剤師に見せて相談がなされることが重要である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書に記載されている「使用上の注意」に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 「使用上の注意」は、「してはいけないこと」、「相談すること」及び「その他の注意」から構成 され、「使用上の注意」、「してはいけないこと」及び「相談すること」の各項目の見出しには、それぞれ統一 された標識的マークが付されている。
    2. 一般用検査薬では、その検査結果のみで確定診断はできないので、判定が陽性であれば速やかに医師の診断を受ける旨が、「その他の注意」の項に記載されている。
    3. 「相談すること」の項の、副作用と考えられる症状を生じた場合に関する記載においては、まず、 まれに発生する重篤な副作用について記載され、そのあとに続けて一般的な副作用について記載されている。
    4. その医薬品を使用する前に、その適否について専門家に相談した上で適切な判断がなされるべきである場合については、「相談すること」の項に記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問104】

    次の成分のうち、それを含有する一般用医薬品の添付文書の「使用上の注意」において、「次の 人は使用(服用)しないこと」の項目中に、「次の症状がある人」として「前立腺肥大による排尿困難」と 記載しなければならないこととされているものはどれか。

    1. イソプロピルアンチピリン
    2. プソイドエフェドリン塩酸塩
    3. チアミン塩化物塩酸塩
    4. タンニン酸アルブミン
    5. ビサコジル

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問105】

    次の成分のうち、それを含有する一般用医薬品の添付文書の「使用上の注意」において、「次の 人は使用(服用)しないこと」の項目中に、「本剤又は本剤の成分、牛乳によるアレルギー症状を起こした ことがある人」と記載しなければならないこととされているものはどれか。

    1. アミノ安息香酸エチル
    2. ジフェンヒドラミン塩酸塩
    3. ケイ酸アルミン酸マグネシウム
    4. ロートエキス
    5. カゼイン

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)