医薬品の適正使用と安全対策【問116~120】

    【問116】

    医薬品副作用被害救済制度に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 健康被害が医薬品の副作用によるものかどうか、医薬品が適正に使用されたかどうかなど、医学的薬学的判断を要する事項について都道府県知事が判定し、その結果に基づいて、各種給付が行われる。
    2. 救済給付業務に必要な費用のうち、給付費については、製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充てられる。
    3. 給付請求は、副作用の原因となった医薬品を販売した薬剤師又は登録販売者が行うこともできる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問117】

    次のa~cの記述について、該当する医薬品副作用被害救済制度における給付の種類の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 医薬品の副作用による疾病の治療に伴う医療費以外の費用の負担に着目して給付されるもの(定額)
    2. 医薬品の副作用により一定程度の障害の状態にある18歳以上の人の生活補償等を目的として給付されるもの(定額)
    3. 医薬品の副作用により一定程度の障害の状態にある18歳未満の人を養育する人に対して給付されるもの(定額)
    No a b c
    1 障害児養育年金 障害年金 医療手当
    2 障害年金 障害児養育年金 医療手当
    3 医療手当 障害児養育年金 障害年金
    4 医療手当 障害年金 障害児養育年金
    5 障害年金 医療手当 障害児養育年金

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問118】

    医薬品を適正に使用したにもかかわらず、健康被害が生じた場合に医薬品副作用被害救済制度の支給対象となるものを次の1~5の記述から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 製品不良など、製薬企業に損害賠償責任がある場合
    2. 特に医療機関での治療を要さず健康被害が寛解したような軽度なものの場合
    3. 日本薬局方「白色ワセリン」により健康被害が生じた場合
    4. 個人輸入により入手された医薬品により健康被害が生じた場合
    5. 副作用による疾病のため入院治療が必要と認められる場合であって、やむを得ず自宅療養を行った場合

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問119】

    医薬品の安全対策に関する次の記述について、a~cの(  )に入る字句の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    小柴胡湯の使用による( a )の発症については、1991年以降、使用上の注意に記載されていたが、 その後、小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用例による( a )が報告されたことから、1994年1月、 インターフェロン製剤との併用を禁忌とする旨の( b )がなされた。しかし、それ以降も慢性肝炎患者 が小柴胡湯を使用して( a )が発症し、死亡を含む重篤な転帰に至った例もあったことから、 1996年3月、厚生省(当時)より関係製薬企業に対して( c )が指示された。

    No a b c
    1 間質性肺炎 承認基準の制定 緊急安全性情報の配布
    2 間質性肺炎 使用上の注意の改訂 緊急安全性情報の配布
    3 間質性肺炎 使用上の注意の改訂 製品の回収
    4 鬱血性心不全 使用上の注意の改訂 製品の回収
    5 鬱血性心不全 承認基準の制定 緊急安全性情報の配布

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問120】

    医薬品の適正使用のための啓発活動に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 国、都道府県、保健所を設置する市及び特別区は、関係機関及び関係団体の協力の下に、医薬品及び医療機器の適正な使用に関する啓発及び知識の普及に努めなければならない。
    2. 青少年に対する医薬品の適正使用の重要性に関する啓発は、適切な理解力を有する高校生・大学生になってから行うことが望ましい。
    3. 医薬品の持つ特質及びその使用・取扱い等について正しい知識を広く生活者に浸透させることにより、保健衛生の維持向上に貢献することを目的とし、4年に一度「薬と健康の週間」として、広報活動やイベント等が実施されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)