医薬品の適正使用・安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問101】

    一般用医薬品の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 添付文書は、必要なときにいつでも取り出して読むことができるように、保管される必要がある。
    2. 販売名に薬効名が含まれているような場合(例えば、「○○○胃腸薬」など)であっても、添付文書において薬効名の記載は省略できない。
    3. 通常の医薬品では、承認を受けた販売名が記載されている。
    4. 小児に使用させる場合の注意等、用法・用量に関連する使用上の注意事項がある場合は、「用法及び 用量」の項目に続けて、これと区別して記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問102】

    次の成分のうち、その成分を主な成分とする一般用医薬品の添付文書の「相談すること」の項目に、「次の 診断を受けた人」として「糖尿病」と記載されていないものはどれか。

    1. メチルエフェドリン塩酸塩
    2. トリメトキノール塩酸塩
    3. メトキシフェナミン塩酸塩
    4. フェニレフリン塩酸塩
    5. ジフェニドール塩酸塩

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問103】

    一般用医薬品の保管及び取扱い上の注意に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 家庭における誤飲事故等を避けるため、医薬品は食品と区別して保管されることが重要である。
    2. 医薬品を旅行や勤め先等へ携行するために別の容器へ移し替えると、中身がどんな医薬品であったか分からなくなってしまい、誤用の原因となるおそれがある。
    3. シロップ剤は、室温との急な温度差で変質するおそれがあるため、冷蔵庫内で保管をしてはならない。
    4. 点眼薬は、開封後長期間保存すると変質するおそれがあるため、家族間で共用し、できる限り早目に使い切ることが重要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問104】

    一般用医薬品の製品表示に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. すべての一般用医薬品は、医薬品医療機器等法の規定により、使用期限の表示が義務づけられている。
    2. 配置販売される医薬品は、医薬品医療機器等法の規定により、配置期限の表示が義務づけられている。
    3. 消防法に基づく危険物である消毒用アルコールには、同法に基づく注意事項が記載されている。
    4. エアゾール製品には、高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)に基づく注意事項が記載されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問105】

    一般用医薬品の添付文書における「使用上の注意」の記載に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 小児が使用した場合に特異的な有害作用のおそれがある成分を含有する医薬品では、通常、「次の 人は使用(服用)しないこと」として「15歳未満の小児」、「6歳未満の小児」等と記載されている。
    2. 「してはいけないこと」の項目には、守らないと症状が悪化する事項、副作用又は事故等が起 こりやすくなる事項について記載されている。
    3. 重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、 喘息等が掲げられている医薬品では、アレルギーの既往歴がある人等は使用しないこととして記載されている。
    4. 小児に使用される医薬品においては、「服用前後は飲酒しないこと」など、小児では通常当てはまらない内容は記載しなくてもよい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)