人体の働きと医薬品【問071~075】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問071】

    脳や神経系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 小児では、成人と比較して血液脳関門が発達しているため、循環血液中に移行した医薬品の成分が脳の組織に到達しにくい。
    2. 脳の血管は末梢に比べて物質の透過に関する選択性が高く、タンパク質やイオン化した物質は血液中から脳の組織へ移行しにくい。
    3. 副交感神経の節後線維の末端から放出される主な神経伝達物質はアセチルコリンである。
    4. 交感神経系の活動が活発になると心拍数は増加に転じる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問072】

    医薬品の吸収、分布、代謝、排泄に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般的に、経口投与後に全身循環に移行する有効成分量は、消化管で吸収された量よりも、肝初回通過効果を受けた分だけ少なくなる。
    2. 血漿タンパク質と結合して複合体を形成している有効成分は、薬物代謝酵素による代謝を受けやすい。
    3. 肝機能が低下した人では医薬品を代謝する能力が低いため、正常な人に比べて効き目が過剰に現れたり、副作用を生じやすくなったりする。
    4. 腎機能が低下した人では、正常の人よりも有効成分の尿中への排泄が遅れ、血中濃度が下がりにくい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問073】

    全身的に現れる医薬品の副作用に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アナフィラキシーは、生体の異物に対する遅延型アレルギー反応の一種で、発症した後の進行は遅い。
    2. 偽アルドステロン症は、低カリウム血症を伴う高血圧症を示し、四肢の脱力や頭重感などが主な症状となる。
    3. 医薬品の副作用として現れる皮膚粘膜眼症候群は、発症機序が判明しており、発症の予測が可能である。
    4. ステロイド性抗炎症薬により、細菌やウイルスの感染に対する抵抗力が弱くなり、易感染性をもたらすことがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問074】

    一般用医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 副作用は、医薬品服用時のアルコールの飲用が原因で起きる場合がある。
    2. 医薬品は、十分注意して適正に使用された場合でも副作用を生じることがある。
    3. 中毒性表皮壊死融解症は非常に発生頻度が高く、重篤な疾患であるため注意が必要である。
    4. 厚生労働省が公表している「重篤副作用疾患別対応マニュアル」には、一般用医薬品によって発生する副作用については記載されていない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問075】

    医薬品による肝機能障害に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の有効成分又はその代謝物による直接的肝毒性が原因の一つである。
    2. 医薬品の有効成分に対する抗原抗体反応が原因の一つである。
    3. 主な症状には、全身の倦怠感、黄疸等がある。
    4. 軽度の場合、自覚症状がなく、健康診断等の血液検査(肝機能検査値の悪化)で初めて判明することが多い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)