主な医薬品とその作用【問071~075】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問071】

    胃腸に作用する薬に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 制酸薬は、胃液の分泌低下に伴う腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする。
    2. 消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の 消化を助けることを目的とする。
    3. 細菌性の下痢や食中毒のときには、収斂成分を主体とする止瀉薬を使用すべきである。
    4. 制酸成分と健胃成分は、同時に配合されることもある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問072】

    胃の薬の配合成分とその目的とする作用の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

    (配合成分) (目的とする作用)
    a 炭酸水素ナトリウム 消泡
    b ゲファルナート 胃粘膜保護・修復
    c テプレノン 苦味による健胃
    d ロートエキス 胃液分泌抑制

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問073】

    止瀉薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. オウバクは、収斂作用のほか、抗菌作用、抗炎症作用も期待して用いられる。
    2. 木クレオソートは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的として用いられる。
    3. ロペラミド塩酸塩が配合された止瀉薬は、食べすぎ・飲みすぎによる下痢、寝冷えによる下痢の ほか、食あたりや水あたりによる下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
    4. 次没食子酸ビスマスは、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問074】

    瀉下薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. ジオクチルソジウムスルホサクシネートは、腸内細菌によって分解(発酵)して生じるガスによって便通を促すことを目的として用いられる。
    2. 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより、糞便中の水分量を減らす作用がある。
    3. ビサコジルは、大腸のうち特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すと考えられている。
    4. マルツエキスは、瀉下薬としては比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問075】

    次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

    体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきで もの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適すとされるが、胃腸が弱く下痢 しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、本剤を使用している 間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。

    1. 桔梗湯
    2. 麻子仁丸
    3. 牛車腎気丸
    4. 大黄牡丹皮湯
    5. 桂枝加芍薬湯

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)