主な医薬品とその作用【問066~070】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問066】

    次のうち、神経の興奮・緊張緩和を期待して配合される生薬成分として、誤っているものはどれか。

    1. チョウトウコウ
    2. ホップ
    3. カノコソウ
    4. チャボトケイソウ
    5. ロクジョウ

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問067】

    次の表は、ある小児鎮静薬に含まれている成分の一覧である。

    <60粒中>
    ジャコウ ― 1.0mg
    ゴオウ ― 9.0mg
    レイヨウカク ― 30.0mg
    ギュウタン ― 12.0mg
    ニンジン ― 110.0mg
    オウレン ― 60.0mg
    カンゾウ ― 60.0mg
    チョウジ ― 9.0mg


    この小児鎮静薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. ゴオウは、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。
    2. レイヨウカクは、メギ科のイカリソウ等の地上部を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮める作用等を期待して用いられる。
    3. カンゾウは、他の医薬品等から摂取されるグリチルリチン酸も含め、その総量が継続的に多く ならないように、購入者に注意を促すべきである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問068】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)とその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 副作用が強く現れるおそれがあるので、かぜ薬やアレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)等との併用は避ける必要がある。
    2. 乗物酔い防止薬に6歳未満の小児向けの製品はない。
    3. 乳幼児が乗物で移動中にむずがるような場合には、気圧変化による耳の痛みなどの要因を考慮する べきであり、乗物酔い防止薬を安易に使用することのないよう注意する必要がある。
    4. アミノ安息香酸エチルは、乗物酔い防止に古くから用いられている抗コリン成分である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問069】

    鎮咳去痰薬とその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 気管支拡張成分として配合されるジプロフィリンは、自律神経を介して気管支の平滑筋を弛緩させ、気管支を拡張させる。
    2. コデインリン酸塩は、胃腸の運動を低下させる作用を示し、副作用として便秘が現れることがある。
    3. 甘草湯は、構成生薬がカンゾウのみからなる漢方処方製剤で、激しい咳などに用いられる。
    4. ハンゲは、中枢性の鎮咳作用を示す生薬成分として配合されている場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問070】

    口腔咽喉薬及び含嗽薬(うがい薬)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 噴射式の液剤では、軽く息を吐いたり、声を出しながら噴射することが望ましい。
    2. 口腔咽喉薬及び含嗽薬は、局所的な作用を目的とする医薬品であるため、全身的な影響を生じることはない。
    3. 含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃すぎても薄すぎても効果が十分得られない。
    4. トローチ剤やドロップ剤は、有効成分が口腔内や咽頭部に行き渡るよう、口中に含み、噛まずに ゆっくり溶かすようにして使用する。

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)