薬事に関する法規と制度【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問046】

    一般用医薬品の直接の容器又は被包に記載されていなければならない事項として、正しいもの の組み合わせはどれか。ただし、厚生労働省令で定める表示の特例に関する規定は考慮しなくてよい。

    1. 効能又は効果
    2. 一般用医薬品のリスク区分を示す識別表示
    3. 相談時及び緊急時の電話番号その他連絡先
    4. 重量、容量又は個数等の内容量
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問047】

    医薬部外品に表示・標榜することが認められている効能効果として、誤っているものはどれか。

    1. 便通を整える
    2. 鼻づまり、くしゃみ等のかぜに伴う諸症状の緩和
    3. のどの炎症によるのどの痛み
    4. 食べすぎ又は飲みすぎによる胃部不快感及び吐きけ
    5. 寝つきが悪い等の一時的な不眠症状の緩和

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問048】

    医薬部外品又は化粧品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことを目的とするものは、化粧品に含まれない。
    2. 化粧品に、医薬品的な効能効果を表示・標榜することは一切認められていない。
    3. 医薬部外品に、化粧品的な効能効果を表示・標榜することは一切認められていない。
    4. 化粧品を販売する場合には、医薬品のような販売業の許可は必要ない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問049】

    食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 外形上、食品として販売等されている製品であっても、その成分本質、効能効果の標榜内容等に 照らして医薬品とみなされる場合がある。
    2. 顆粒剤、散剤の形状については、食品である旨が明示されている場合でも、形状のみをもって医薬品であると判断される。
    3. いわゆる健康食品に医薬品的な効能効果を標榜した場合には、無承認無許可医薬品として、 取締りの対象となることがある。
    4. 特定保健用食品は、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品 の機能性を表示することはできるが、機能性表示食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問050】

    薬局に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医療用医薬品の他、要指導医薬品及び一般用医薬品を取り扱うことができる。
    2. 薬局開設者は、薬剤師でなければならない。
    3. 医薬品をあらかじめ小分けし、販売する行為が認められている。
    4. 厚生労働大臣の許可を受けなければ、開設してはならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)