薬事に関する法規と制度【問046~050】

    【問046】

    一般用医薬品のリスク区分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、 その使用に関し特に注意が必要なものは、第一類医薬品として指定される。
    2. 購入者がそのリスクの程度について判別しやすいよう、各製品の外箱等に、当該医薬品が 分類されたリスク区分ごとに定められた事項を記載することが義務づけられている。
    3. 新たに一般用医薬品となった医薬品は、承認後の一定期間、指定第二類医薬品として扱われる。
    4. 第一類医薬品、第二類医薬品又は第三類医薬品への分類については、安全性に関する新たな知見や副作用の発生状況等を踏まえ、適宜見直しが図られる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問047】

    添付文書等への記載事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 用法用量が記載されていなければならない。
    2. 使用及び取扱い上必要な注意等が記載されていなければならない。
    3. 邦文で記載されていなければならない。
    4. 製造年月日が記載されていなければならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問048】

    保健機能食品等の食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 特定保健用食品の中には「条件付き特定保健用食品」という区分がある。
    2. 栄養機能食品は、その食品に含まれる栄養成分の機能表示を行うため、消費者庁長官の個別審査を受ける必要がある。
    3. 機能性表示食品は、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示し、販売前に 安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものである。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問049】

    毒薬及び劇薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 単に毒性、劇性が強いものだけでなく、薬効が期待される摂取量(薬用量)と中毒のおそれがある 摂取量(中毒量)が接近しており安全域が狭いため、その取扱いに注意を要するもの等が指定される。
    2. 毒薬を貯蔵、陳列する場所については、かぎを施さなければならない。
    3. 毒薬を収める直接の容器又は被包に、赤地に白枠、白字をもって、当該医薬品の品名及び「毒」の文字が記載されていなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問050】

    薬局における医薬品販売に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 薬局では、医薬品の調剤と併せて、店舗により医薬品の販売を行うことが認められている。
    2. 薬局で第二類医薬品又は第三類医薬品を販売する場合、登録販売者が購入者への情報提供や相談対応を行うことができる。
    3. 薬局開設者が薬剤師でない場合は、その薬局で薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから管理者を指定して実地に管理させる必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)