薬事に関する法規と制度【問041~045】

    【問041】

    日本薬局方に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 日本薬局方に収められている物は、医薬品として扱われる。
    2. 日本薬局方は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める。
    3. 日本薬局方では、収められている物に係る規格・基準及び標準的試験法等が定められている。
    4. 日本薬局方に収められている物の中には、一般用医薬品として販売されているものや一般用医薬品の中に配合されているものがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問042】

    医薬品等の取り扱いに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 疾病の診断に使用することを目的とするものは、機械器具を含めてすべて医薬品として扱われる。
    2. 殺虫剤は、すべて医薬部外品として扱われる。
    3. 身体に直接使用されない器具用消毒薬は、すべて医薬部外品として扱われる。
    4. 「やせ薬」を標榜した食品は、無承認無許可医薬品として扱われる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問043】

    医薬品医療機器等法第56条で販売等が禁止されている医薬品として、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 医薬品医療機器等法第14条の承認を受けた医薬品であって、その成分若しくは分量又は性状、品質若しくは性能がその承認の内容と異なるもの
    2. その全部又は一部が不潔な物質又は変質若しくは変敗した物質から成っている医薬品
    3. 異物が混入し、又は付着している医薬品
    4. 効能及び効果が容器に表示されていないもの

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問044】

    要指導医薬品に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 一般用医薬品である。
    2. 毒薬は該当するが、劇薬は該当しない。
    3. 適正な使用のために、薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要である。
    4. 厚生労働大臣が、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問045】

    医薬品の販売に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 卸売販売業は、一般の生活者に対して医薬品を販売することができる。
    2. 店舗販売業及び卸売販売業は、特定の購入者の求めに応じて医薬品の包装を開封して分割販売することができる。
    3. 店舗販売業は、要指導医薬品の販売は認められていない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)