主な医薬品とその作用【問041~045】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問041】

    貧血用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 鉄製剤を服用して便が黒くなった場合は、ただちに服用を中止する必要がある。
    2. 巨赤芽球貧血は、ビタミンB2が不足して生じる。
    3. 鉄製剤は、服用の前後30分にコーヒーを飲むと、鉄の吸収が悪くなることがある。
    4. 鉄要求量の増加する妊婦では、鉄欠乏性貧血の予防に鉄製剤を使用することが推奨される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問042】

    痔疾用薬に用いられるステロイド性抗炎症成分として、正しいものはどれか。

    1. リゾチーム塩酸塩
    2. セチルピリジウム塩化物
    3. テトラヒドロゾリン塩酸塩
    4. ヒドロコルチゾン酢酸エステル
    5. ジフェンヒドラミン塩酸塩

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問043】

    婦人薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 女性ホルモン成分を含む婦人薬は、長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、 また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性もある。
    2. サフランは、女性の滞っている月経を促す作用を期待して配合されている場合がある。
    3. 桂枝茯苓丸は、比較的体力があり、ときにのぼせて足冷えなどを訴えるものの月経不順、 月経痛、更年期障害などに適すとされる。
    4. 当帰芍薬散は、体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛や肩こり、 耳鳴りなどを訴えるものの月経不順、月経痛、更年期障害などに適すとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問044】

    内服アレルギー用薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. プソイドエフェドリン塩酸塩は、他のアドレナリン作動成分に比べて中枢神経系に対する作用が強い。
    2. 抗ヒスタミン成分は、ヒスタミンの働きを抑える作用はあるが、抗コリン作用は示さない。
    3. ベラドンナは、ナス科の草本で、その葉や根に、副交感神経系の働きを抑える作用を示すアルカロイドを含む。
    4. カンゾウは、皮膚や鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として配合されている場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問045】

    内服アレルギー用薬に配合される生薬成分および漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ケイガイは、発汗、解熱、鎮痛等の作用を有するとされ、鼻閉への効果を期待して用いられる。
    2. 茵蔯蒿湯は、体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの鼻づまり、慢性鼻炎、 蓄膿症に適すとされる。
    3. 当帰飲子は、体力中等度で冷え症で、皮膚が乾燥するものの湿疹・皮膚炎(分泌物の少ないもの)、痒みに適すとされる。
    4. 消風散は、体力中等度以上の人の皮膚疾患で、痒みが強くて分泌物が多く、ときに局所の熱感があるものの湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、水虫、あせもに適すとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)