薬事に関する法規と制度【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問051】

    医薬品医療機器等法に基づき店舗販売業者が行う一般用医薬品のリスク区分に応じた情報提供等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 第一類医薬品を販売又は授与する場合には、その店舗において医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師に、書面を用いて、必要な情報を提供させなければならない。
    2. 指定第二類医薬品を販売又は授与する場合には、当該指定第二類医薬品を購入しようとする者等が、 禁忌事項を確認すること及び当該医薬品の使用について薬剤師又は登録販売者に相談することを勧める旨を確実に 認識できるようにするために必要な措置を講じなければならない。
    3. その店舗において第三類医薬品を購入した者から相談があった場合には、その店舗において医薬品の 販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、必要な情報を提供させなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問052】

    店舗販売業者が要指導医薬品を販売したときに書面に記載しなければならない事項として、医薬品 医療機器等法施行規則第146条第3項に規定されていないものはどれか。

    1. 品名
    2. 数量
    3. 販売した日時
    4. 購入者の年齢
    5. 購入者が情報提供の内容を理解したことの確認の結果

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問053】

    医薬品の陳列若しくは配置に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 配置販売業者は、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在させないように配置しなければならない。
    2. 薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別することなく陳列することができる。
    3. 薬局開設者は、要指導医薬品を薬局等構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画の内部の陳列 設備、かぎをかけた陳列設備、又は要指導医薬品を購入しようとする者等が直接手の触れられない陳列設備に陳列しなければならない。
    4. 店舗販売業者は、第三類医薬品を、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問054】

    医薬品医療機器等法施行規則第149条の10の規定に基づき、配置販売業者が、一般用医薬品 を配置するときに添える書面に記載しなければならない事項として、誤っているものはどれか。

    1. 区域管理者の氏名
    2. 取り扱う一般用医薬品の区分
    3. 配置に従事する登録販売者の外部研修の受講履歴
    4. 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説
    5. 個人情報の適正な取扱いを確保するための措置

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問055】

    医薬品医療機器等法施行規則第147条の7の規定に基づき、店舗販売業者が行う特定販売に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 当該店舗に貯蔵し、又は陳列している一般用医薬品のみ販売することができる。
    2. 特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、店舗の主要な外観の写真を表示しなければならない。
    3. 特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、特定販売を行う医薬品の使用期限を表示しなければならない。
    4. 特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告する場合には、現在勤務している薬剤師又は登録販売者の氏名及び写真を表示しなければならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)