主な医薬品とその作用【問041~045】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問041】

    次の記述は、外用痔疾用薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、痔による肛門部の炎症を抑えるために配合されている場合がある。
    2. ジフェンヒドラミンは、痔に伴う痒みを和らげることを目的として配合されている場合がある。
    3. カンフルは、裂肛の感染防止を目的に配合されている場合がある。
    4. リドカインは、血管収縮作用による止血効果を期待して配合されている場合がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問042】

    次の記述は、婦人薬と月経等に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 月経以外の不規則な出血があった場合は、すみやかに医療機関を受診するよう勧める必要がある。
    2. 膣に適用する薬剤は、全て局所に用いられるため、成分が吸収されて循環血液中に移行することはない。
    3. 女性ホルモン成分は、長期連用で血栓症を生じる可能性がある。
    4. おりものは、女性生殖器の異常を示しているものなので、程度や色などに関係なく、少量でも みられた場合は医療機関の受診を勧める必要がある。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問043】

    次の1~5で示される漢方処方製剤のうち、「女性の月経や更年期障害に伴う諸症状の緩和」に用いるものはどれか。

    1. 十味敗毒湯
    2. 小青竜湯
    3. 当帰芍薬散
    4. 乙字湯
    5. 猪苓湯

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問044】

    鼻炎用内服薬に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 抗ヒスタミン成分が配合された内服薬を服用した後は、乗物又は機械類の運転操作を避けることとされている。
    2. 抗ヒスタミン成分は、ヒスタミンの働きを抑える作用以外に抗コリン作用も示すため、排尿困難や口渇、便秘等の副作用が現れることがある。
    3. アドレナリン作動成分のプソイドエフェドリン塩酸塩は、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能 障害の診断を受けた人では症状を悪化させるおそれがあり、これらの人には使用を避ける必要がある。
    4. アドレナリン作動成分のヨウ化イソプロパミドは、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的に配合されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問045】

    鼻炎用点鼻薬に含まれる成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示す。
    2. グリチルリチン酸二カリウムは、鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として配合される場合がある。
    3. 陽性界面活性成分は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌又はカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示す。
    4. アドレナリン作動成分は、鼻以外の器官や臓器に影響を及ぼすおそれがない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)