人体の働きと医薬品【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問021】

    消化器系に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 胃酸は、胃内を強アルカリ性に保って内容物が腐敗や発酵を起こさないようにする役目を果たしている。
    2. 小腸は栄養分の吸収に重要な器官であるため、内壁の表面積を大きくする構造を持つ。
    3. 膵臓は、炭水化物、タンパク質、脂質のそれぞれを消化するすべての酵素の供給を担っている。
    4. 通常、糞便の成分の大半は食物の残滓で、水分は約5%に過ぎない。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問022】

    胆嚢及び肝臓に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 胆汁に含まれるビリルビン(胆汁色素)は、赤血球中のヘモグロビンが分解されて生じた老廃物で、腸管 内に生息する常在細菌(腸内細菌)によって代謝されて、糞便を茶褐色にする色素となる。
    2. 肝臓は、胆汁を産生するほかに、必須アミノ酸を生合成することができる。
    3. 肝臓に蓄えられたグリコーゲンは、ブドウ糖が重合してできた高分子多糖で、血糖値が下がったときなど、必要に応じてブドウ糖に分解されて血液中に放出される。
    4. アンモニアは体内に滞留すると有害な物質であり、肝臓において尿素へと代謝される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問023】

    呼吸器系に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 鼻汁に含まれるリゾチームが気道の防御機構の一つとなっており、かぜやアレルギーのときには防御反応として、鼻汁が大量に分泌されるようになる。
    2. 咽頭は円筒状の器官で、軟骨の突起した部分がいわゆる「のどぼとけ」である。
    3. 喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管といい、そこから肺の中で複数に枝分かれする部分を気管支という。
    4. 肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から二酸化炭素が肺胞気中に拡散し、代わりに酸素が 血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問024】

    循環器系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 心室には血液を取り込む側と送り出す側にそれぞれ弁があり、心臓の拍動と協調して交互に開閉する。
    2. 心臓から拍出された血液を送る血管を動脈、心臓へ戻る血液を送る血管を静脈という。
    3. 脾臓の主な働きは、脾臓内を流れる血液から古くなった赤血球を濾し取って処理することである。
    4. リンパ液は、血漿の一部が毛細血管から組織の中へ滲み出て組織液(組織中の細胞と細胞の間に存在する体液)となったものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問025】

    血液に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 赤血球は、中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の約40%を占める。
    2. ヘモグロビンは、酸素量の少ないところで酸素分子と結合し、酸素と二酸化炭素が多いところで酸素分子を放出する性質がある。
    3. 白血球は、感染や炎症が起きると全体の数が増加するが、好中球、リンパ球、単球等の種類ごとの割合は一定である。
    4. 損傷部位を覆った血小板から放出される酵素によって、血液を凝固させる一連の反応が起こる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)