人体の働きと医薬品【問031~035】

    【問031】

    医薬品が働く仕組みに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 内服薬は、全身作用を示すものが多いが、膨潤性下剤のように、有効成分が消化管内で作用するものもあり、その場合に現れる作用は局所作用である。
    2. 口腔粘膜から吸収された医薬品の成分は、初めに肝臓で代謝を受けてから全身に分布する。
    3. 局所作用を目的とする医薬品の場合、全身性の副作用が生じることはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問032】

    ショック(アナフィラキシー)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 発症後の進行が非常に速やかな(通常、2時間以内に急変する。)ことが特徴である。
    2. 一旦発症すると、病態は急激に悪化することが多く、適切な対応が遅れるとチアノーゼや呼吸困難等を生じ、致命的な転帰をたどることがある。
    3. 発症後、直ちに救急救命処置が可能な医療機関を受診する必要がある。
    4. 医薬品によるショックは、以前にその医薬品によって蕁麻疹等のアレルギーを起こしたことがある人では起きる可能性が低い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問033】

    医薬品の副作用として現れる肝機能障害に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 原因と考えられる医薬品を漫然と使用し続けると、不可逆的な病変(肝不全)を生じ、死に至ることがある。
    2. 肝機能障害が疑われた時点で、原因と考えられる医薬品の使用を中止し、医師の診療を受けることが重要である。
    3. 黄疸とは、コレステロールが胆汁中へ排出されずに血液中に滞留することにより生じる、皮膚や白眼が黄色くなる病態である。
    4. アレルギー性の肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問034】

    医薬品の副作用として現れる偽アルドステロン症に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 特に乳児で生じやすい。
    2. 副腎皮質からアルドステロン分泌が増加することにより生じる。
    3. 手足の脱力、血圧上昇、筋肉痛、喉の渇き等が主な症状となる。
    4. 医薬品と食品との相互作用により起きることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問035】

    血漿成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. アルブミンは、血液の浸透圧を保持する(血漿成分が血管から組織中に漏れ出るのを防ぐ)働きがある。
    2. 脂質は、血漿中のタンパク質と結合してリポタンパク質を形成し、血漿中に分散している。
    3. グロブリンは、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。
    4. アルブミンは、その多くが、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を特異的に認識する抗体としての役割を担う。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)