主な医薬品とその作用【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問031】

    鎮咳去痰薬の有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、主に内用液剤に配合される。
    2. メチルエフェドリン塩酸塩は、副交感神経を刺激して気管支を拡張させる作用を示す。
    3. メトキシフェナミン塩酸塩は、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。
    4. ジプロフィリンは、自律神経系を介さずに、気管支の平滑筋に直接作用する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問032】

    次の記述に当てはまる去痰成分として、最も適切なものはどれか。
    気道粘膜から分泌される粘液成分の含量比を調整し痰の切れをよくする作用がある。

    1. ブロムヘキシン塩酸塩
    2. カルボシステイン
    3. グアヤコールスルホン酸カリウム
    4. エチルシステイン塩酸塩
    5. グアイフェネシン

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問033】

    口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に配合される生薬成分及び漢方処方製剤に関する 記述について、誤っているものはどれか。

    1. ラタニアは、クラメリア科のクラメリア・トリアンドラ及びその同属植物の根を基原とする 生薬で、咽頭粘膜をひきしめる(収斂)作用により炎症の寛解を促す効果を期待して用いられる。
    2. 駆風解毒散及び駆風解毒湯は、体力に関わらず、喉が腫れて痛む扁桃炎、扁桃周囲炎に適すとされる。
    3. 白虎加人参湯は、虚弱で、熱感と口渇が強いものの喉の渇き、ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされる。
    4. 響声破笛丸は、体力に関わらず、しわがれ声、咽喉不快に適すとされる。

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問034】

    胃腸薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 炭酸水素ナトリウムなど制酸成分を主体とする胃腸薬は、胃酸に対する中和作用が低下するため、炭酸飲料での服用は避けるべきである。
    2. スクラルファートは、透析を受けている人は使用を避ける必要がある。
    3. アズレンスルホン酸ナトリウムは、消化管内容物中に発生した気泡の分離を促すことを目的として配合されていることがある。
    4. ピレンゼピン塩酸塩は、消化管の運動にほとんど影響を与えずに胃液の分泌を抑える作用を示すとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問035】

    整腸薬、止瀉薬、瀉下薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 整腸薬、止瀉薬では、医薬部外品として製造販売されている製品はない。
    2. 木クレオソートは、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられることがある。
    3. センナは、腸管内で水分を吸収して腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やすとともに、糞便を 柔らかくすることを目的として用いられる。
    4. ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌 によって分解されて、大腸への刺激作用を示すようになる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)