主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜに関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 「かぜ」(感冒)は単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群といわれている。
    2. 非感染性であるアレルギーや冷気、乾燥は、かぜの要因にはあたらない。
    3. かぜの原因となるウイルスは、20種類程度といわれており、それぞれ活動に適した環境があるため、季節や時期などによって原因となるウイルスの種類は異なる。
    4. インフルエンザ(流行性感冒)は、感染力が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問022】

    かぜ薬の配合成分とその作用との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    (配合成分) (作用)
    a ジフェンヒドラミン塩酸塩 抗ヒスタミン作用
    b セネガ 抗コリン作用
    c コデインリン酸塩 去痰作用
    d グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症作用

    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問023】

    痛みや発熱が起こる仕組み及び解熱鎮痛薬の働きに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる 際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。
    2. プロスタグランジンには、脳の下部にある体温を調節する部位(温熱中枢)に作用して、体温を通常よりも高く維持するように調節する働きがある。
    3. 解熱鎮痛薬は、発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すことができる医薬品(内服薬)の総称である。
    4. 月経そのものが起こる過程にプロスタグランジンは関わっていないため、月経痛(生理痛)には、解熱鎮痛薬の効能・効果が期待できない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問024】

    解熱鎮痛薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. サリチルアミドは、水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対して 使用しても問題はない。
    2. アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
    3. イソプロピルアンチピリンは、ピリン系解熱鎮痛成分として用いられている。
    4. シャクヤクは、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎を、通例、横切したものを基原 とする生薬で、鎮痛、尿量増加(利尿)等の作用を期待して用いられる。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問025】

    眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、睡眠改善薬の適用対象ではないとされる。
    2. ブロモバレリル尿素は胎児に障害を引き起こさない成分として知られており、妊婦又は妊娠していると思われる女性に使用される。
    3. 加味帰脾湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、 精神不安、神経症に適すとされる。
    4. 生薬成分のみからなる鎮静薬や漢方処方製剤の場合は、飲酒を避けることとはなっていないが、アルコールが睡眠の質を低下させ、医薬品の効果を妨げることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)