人体の働きと医薬品【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問031】

    脳や神経系の働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
    2. 末梢神経系は、随意運動、知覚等を担う体性神経系と、呼吸や血液の循環等のように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担う自律神経系に分類される。
    3. 気管及び気管支は、交感神経系が活発になると収縮し、副交感神経系が活発になると拡張する。
    4. 局所(腋窩等)に分布するアポクリン腺を支配する交感神経線維の末端ではノルアドレナリンが神経 伝達物質として放出される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問032】

    医薬品の作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、多くの 場合、標的となる細胞に存在する受容体などのタンパク質と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。
    2. 皮膚に適用する医薬品(塗り薬、貼り薬等)は、通常、皮膚表面から循環血液中へ移行する有効成分 の量が比較的少ないため、適用部位の面積(使用量)や使用回数、その頻度などにかかわらず全身作用が現れることはない。
    3. 内服した医薬品が全身作用を現わすまでには、消化管からの吸収、代謝と作用部位への分布という 過程を経るため、ある程度の時間が必要であるのに対し、局所作用は、医薬品の適用部位が作用部位である場合 が多いため、反応は比較的速やかに現れる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問033】

    医薬品の有効成分の吸収に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 消化管における有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や他の医薬品の作用によって影響を受ける。
    2. 一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品の有効成分を取り込む現象である。
    3. 坐剤の有効成分は、直腸内壁の粘膜から吸収され、容易に循環血液中に入り、初めに肝臓で代謝 を受けてから全身に分布する。
    4. 眼の粘膜に適用する点眼薬の有効成分は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがあるため、眼以外の部位に到達して副作用を起こすことがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問034】

    医薬品の有効成分の代謝及び排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 多くの医薬品の有効成分は、血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成しており、その複合体 は腎臓で濾過されないため、医薬品の有効成分が長く循環血液中に留まることとなり、作用が持続する原因となる。
    2. 経口投与後、消化管で吸収された有効成分は、全身循環に入る前に門脈という血管を経由して肝臓を 通過するため、吸収された有効成分は、まず肝臓に存在する酵素の働きにより代謝を受ける。
    3. 肝初回通過効果とは、全身循環に移行する有効成分の量が、消化管で吸収された量よりも肝臓で代謝を受けた分だけ少なくなることをいう。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問035】

    医薬品の剤形に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 錠剤(内服)は、胃や腸で崩壊し、有効成分が溶出することが薬効を発現する前提となるため、例外 的な場合を除いて、口中で噛み砕いて服用してはならない。
    2. 口腔内崩壊錠は、薬効を期待する部位が口の中や喉に対するものである場合が多く、飲み込まずに 口の中で舐めて、徐々に溶かして使用する。
    3. 経口液剤は、既に有効成分が液中に溶けたり分散したりしているため、服用後、比較的速やかに消化管から吸収されるという特徴がある。
    4. チュアブル錠は、表面がコーティングされているものもあるので、噛み砕かずに水などで食道に流し込む必要がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)