医薬品に共通する特性と基本的な知識【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問036】

    一般用医薬品の役割に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 健康の維持・増進
    2. 生活の質(QOL)の改善・向上
    3. 重度な疾病に伴う症状の改善
    4. 健康状態の自己検査
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問037

    一般用医薬品販売時のコミュニケーションに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 登録販売者は、一般の生活者のセルフメディケーションに対して、第二類医薬品及び第三類医薬品 の販売や情報提供を担う観点から、生活者を支援していく姿勢で臨むことが基本となる。
    2. 医薬品の販売に従事する専門家は、一般用医薬品が家庭における常備薬として購入されることも 多いことから、その医薬品によって対処しようとする症状等が現にあるか把握するよう努めることが望ましい。
    3. 医薬品の販売に従事する専門家は、購入者が情報提供を受けようとする意識が乏しい場合は、コミュ ニケーションを図る必要はない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問038】

    スモン及びスモン訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. スモンの原因は、解熱鎮痛剤として販売されていたトリメトキノール製剤である。
    2. スモンの主な症状として、初期には激しい頭痛を伴う嘔吐を生じ、次第に胸痛や呼吸困難が現れる。
    3. スモンの原因となった製剤の中には、一般用医薬品として販売されていた製品もあった。
    4. スモン患者に対しては、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費 の自己負担分の公費負担、世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付及び重症患者に対する介護事業が講じられている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問039】

    サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. サリドマイドは催眠鎮静成分として承認されたが、その鎮静作用を目的として、胃腸薬にも配合された。
    2. サリドマイド製剤の催奇形性は、1961 年に西ドイツ(当時)から警告が発せられ、日本においても同年中に直ちに回収措置がとられた。
    3. サリドマイド訴訟では、製薬企業だけでなく、国も被告として提訴された。
    4. サリドマイドの光学異性体のうち、一方の異性体(S体)のみを製剤化していれば、催奇形性は防ぐことができた。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問040】

    CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)及びCJD訴訟に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    CJDは、( a )の一種である( b )が原因とされる神経難病である。
     CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていた( c )を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

    No a b c
    1 細菌 プリオン ウシ乾燥硬膜
    2 細菌 プロリン ヒト乾燥硬膜
    3 細菌 プリオン ヒト乾燥硬膜
    4 タンパク質 プロリン ウシ乾燥硬膜
    5 タンパク質 プリオン ヒト乾燥硬膜

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)