医薬品に共通する特性と基本的な知識【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問031】

    妊婦及び授乳婦の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 胎盤には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組みがあるが、母体が医薬品を使用した場合に、医薬品成分の胎児への移行がどの程度防御されるかは、未解明のことが多い。
    2. 便秘薬の中には、配合成分やその用量によって流産や早産を誘発するおそれのあるものがある。
    3. 服用した医薬品の成分が乳汁中に移行することはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問032】

    医薬品の使用方法及び適正使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるように、使用する量や使い方が定められている。
    2. 一般用医薬品には、習慣性・依存性がある成分は含まれておらず、用法用量を守らずに服用しても薬物依存を生じることはない。
    3. すべての医薬品は、大人用のものを半分にして子供に服用させてもよい。
    4. 登録販売者は、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者には慎重に対処する必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問033】

    プラセボ効果に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。
    2. プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として現れることはない。
    3. プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付 けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与して生じると考えられている。
    4. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問034】

    医薬品の品質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品に配合されている成分には、光(紫外線)等によって品質の劣化を起こすものがあるが、高温や多湿によって品質の劣化を起こすものはない。
    2. 医薬品は、適切な保管・陳列がなされていれば、経時変化による品質の劣化は起こらない。
    3. 一般用医薬品では、購入された後、すぐに使用されるとは限らないことから、外箱等に記載され ている使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされることが重要である。
    4. 表示されている使用期限は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限であり、いったん開封されると記載されている期日まで品質が保証されない場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問035】

    一般用医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 登録販売者は、購入者に対して科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、常に一般用医薬品の購入を促すべきである。
    2. 高熱や激しい腹痛があるといった症状が重いときに、一般用医薬品を一定期間使用しても症状の改善がみられない場合、別の一般用医薬品を使用することは適切な対処である。
    3. 乳幼児や妊婦では、通常の成人の場合に比べ、一般用医薬品で対処可能な範囲が限られる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)