医薬品に共通する特性と基本的な知識【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問021】

    医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が 適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。
    2. 医薬品医療機器等法では、健康被害発生の可能性の有無にかかわらず、医薬品に異物の混入、変質等 があってはならない旨を定めており、医薬品の販売を行う者はそのようなことがないよう注意することが重要である。
    3. 一般用医薬品は医療用医薬品と比較すると、保健衛生上のリスクが相対的に低いため、市販後に 医学・薬学等の新たな知見及び使用成績等に基づき、その有効性及び安全性の確認が行われることはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問022】

    セルフメディケーションに関する次の記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    世界保健機関(WHO)によれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の( a )に責任を持ち、( b )な身体の不調は自分で( c )する」こととされている。

    No a b c
    1 健康 軽度 手当て
    2 健康 重度 予防
    3 健康 軽度 予防
    4 生活 重度 手当て
    5 生活 軽度 予防

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問023】

    医薬品のリスク評価に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品の安全性基準は、食品と同等の水準が要求されている。
    2. 医薬品は、効果よりも有害反応が強く発現する「中毒量」を超えなければ、発がん作用や胎児毒性を生じることはない。
    3. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準として、国際的にGood Laboratory Practice(GLP)が制定されている。
    4. 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問024】

    健康食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 健康食品はすべて、医薬品医療機器等法で定める医薬品と同様に、身体構造や機能に影響する効果を表示することができる。
    2. 健康食品の中には、医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
    3. 平成27年4月より施行された「栄養機能食品」制度は、疾病に罹患していない者の健康の維持 及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病リスクの低減に係るものを除く。)を表示することができる制度である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問025】

    医薬品の副作用に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、( a )のため、又は 身体の機能を( b )するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ( c )反応」とされている。

    No a b c
    1 治療 正常化 不可逆的な
    2 治療 正常化 意図しない
    3 治療 増強 不可逆的な
    4 緩和 増強 意図しない
    5 緩和 正常化 不可逆的な

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)