医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品である。
    2. 殺虫剤で医薬品に分類されるものはない。
    3. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)では、 健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず、異物等の混入、変質等があってはならない旨を定めている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問002】

    医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量との和で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
    2. 投与量と効果の関係は、薬物用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない「無作用量」から、「治療量」を経て「最小有効量」に至る。
    3. 動物実験により求められる50%致死量(LD50)は、薬物の毒性の指標として用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問003】

    医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品毒性試験法ガイドラインに沿って、生殖・発生毒性試験、依存性試験、皮膚感作性試験などの毒性試験が厳格に実施されている。
    2. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的にGood Clinical Practice(GCP)が制定されている。
    3. 医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準としてGood Vigilance Practice(GVP)と製造販売後安全管 理基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP)が制定されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問004】

    健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)においては、誤った使用法による健康被害が生じた例は報告されていない。
    2. 栄養機能食品については、各種ビタミン、ミネラルに対して「栄養機能の表示」ができる。
    3. 機能性表示食品とは、乳児、幼児、妊産婦又は病者の発育又は健康の保持若しくは回復の用に供することが適当な旨を医学的・栄養学的表現で記載した食品である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問005】

    医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 主作用以外の反応であっても、特段の不都合を生じないものであれば、通常、副作用として 扱われることはないが、好ましくないもの(有害事象)については一般に副作用という。
    2. 通常は、一般用医薬品の使用を中断することによる不利益の方が、重大な副作用を回避する ことよりも優先される。
    3. 医薬品は、十分注意して適正に使用された場合であっても、副作用が生じることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)