医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    【問016】

    一般用医薬品の販売時に行うコミュニケーションに関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 情報提供は、説明した内容が購入者等にどう理解され、行動に反映されているかなどの実情を把握しながら行うことにより、その実効性が高まる。
    2. 購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合には、コミュニケーションを図る必要はない。
    3. 購入者等が医薬品を使用する状況は随時変化する可能性があるため、販売数量は一時期に使用する必要量とする等、販売時のコミュニケーションの機会が継続的に確保されるよう配慮することが重要である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問017】

    次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. サリドマイド訴訟は、催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常が発生したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. サリドマイドは、副作用として血管新生を促進する作用があった。
    3. 日本では、サリドマイド製剤の催奇形性について海外から警告が発せられた後、直ちに出荷停止、回収措置がとられた。
    4. サリドマイドによる薬害事件は、世界的に問題となったため、WHO(世界保健機関)加盟国を中心に市販後の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(b,c)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問018】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. スモン訴訟は、解熱鎮痛薬として販売されたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性 脊髄視神経症(スモン)に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. スモンはその症状として、激しい腹痛を伴う下痢、下半身の痺れ、歩行困難等が現れるが、 麻痺が上半身に拡がることはない。
    3. スモン訴訟を契機の一つとして、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、医薬品副作用被害救済制度が創設された。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問019】

    HIV訴訟を契機としたHIV感染者に対する恒久対策及び医薬品の安全対策に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 献血時の問診の充実が図られた。
    2. エイズ治療研究開発センターが整備された。
    3. 製薬企業に対し、従来の副作用報告に加えて感染症報告が義務づけられた。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問020】

    次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
     ※CJDとはクロイツフェルト・ヤコブ病をいう。

    1. CJD訴訟は脳外科手術等に用いられたウシ乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. CJDは、タンパク質の一種であるプリオンが原因であるとされている。
    3. CJD訴訟は、国、輸入販売業者及び製造業者を被告として提訴された。
    4. CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度が創設される契機の一つとなった。
    5. CJD訴訟の和解を踏まえて、CJD患者の入院対策・在宅対策の充実等の措置が講じられるようになった。

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)