医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    【問001】

    医薬品の本質に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであり、高い水準で均一な品質が保証されているので、市販後に承認基準が見直されることはない。
    2. 検査薬は、人体に対して使用されない医薬品であるため、検査結果について正しい解釈や判断がなされなくても、人の健康に影響を与えることはない。
    3. 医薬品は、期待される有益な効果(薬効)のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応(副作用)を生じる場合もある。
    4. 一般用医薬品は、一般の生活者が自ら選択し、使用するものである。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問002】

    食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 生薬成分等については、医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていなければ、食品(ハーブ等)と して流通可能なものもあり、そうした食品を合わせて摂取すると、生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。
    2. 機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨を表示するものである。
    3. 特定保健用食品は、「特定の保健機能の表示」を行うことができる。
    4. 医薬品を扱う者は、いわゆる健康食品は医薬品と異なるものであることを認識し、消費者に指導・説明を行わなくてはならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問003】

    小児等が医薬品を使用する場合に留意するべきことに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 医薬品の使用上の注意において、小児という場合は、おおよその目安として15歳以下の年齢区分が用いられている。
    2. 一般的に、5歳未満の幼児に使用される錠剤やカプセル剤では、服用時に喉につかえやすいので注意するよう添付文書に記載されている。
    3. 乳児向けの用法用量が設定されている一般用医薬品であっても、乳児は医薬品の影響を受けやすい ため、一般用医薬品による対処よりも、基本的には医師の診療を受けることが優先される。
    4. 小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が相対的に低い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問004】

    医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 胎児毒性が生じるのは、多量投与の場合のみである。
    2. 単回投与であっても、治療量を超えた量を投与した場合、毒性が発現するおそれがある。
    3. 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
    4. 少量の投与であれば、長期投与されても慢性的な毒性は発現しない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問005】

    プラセボ効果に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる 生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。
    2. 医薬品を使用したときに、もたらされる反応や変化は、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれる。
    3. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましい効果のみである。
    4. プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として確実に現れる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)