医薬品に共通する特性と基本的な知識【問011~015】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問011】

    妊婦又は妊娠していると思われる女性、母乳を与える女性の医薬品の使用に関する記述について、 正しいものの組み合わせはどれか。

    1. いずれのビタミン剤を、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取しても胎児に影響はない。
    2. 医薬品成分の一部が乳汁中に移行しても、その医薬品の使用期間中のみ授乳を避ければ乳児に影響を及ぼすことはない。
    3. 血液-胎盤関門については、どの程度医薬品成分の胎児への移行を防御するか未解明であることが多い。
    4. 一般用医薬品であっても、配合成分やその用量によっては流産や早産を誘発するおそれがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問012】

    一般用医薬品の役割に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 健康の維持・増進
    2. 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)
    3. 軽度な疾病に伴う症状の改善
    4. 健康状態の自己検査
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問013】

    医薬品医療機器等法に基づく一般用医薬品の定義に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    一般用医薬品は、医薬品医療機器等法において「医薬品のうち、その( a )において人体に対する 作用が( b )ものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用 されることが目的とされているもの(( c )を除く。)」と定義されている。

    No a b c
    1 用法及び用量 著しくない 要指導医薬品
    2 用法及び用量 著しい 処方箋医薬品
    3 効能及び効果 著しくない 処方箋医薬品
    4 効能及び効果 著しい 要指導医薬品
    5 効能及び効果 著しくない 要指導医薬品

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問014】

    セルフメディケーション及び一般用医薬品の選択に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家は、購入者等に対して常に科学的な根拠に基づいた 正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
    2. 体調の不調や軽度の症状等について一般用医薬品を使用して対処した場合、一定期間又は 一定回数使用しても症状の改善がみられないときは、医療機関を受診して医師の診療を受ける必要がある。
    3. 一般用医薬品で対処可能な範囲は、医薬品を使用する人によって変わるものではない。
    4. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家による情報提供は、必ずしも医薬品の販売に 結びつけるものではなく、医療機関の受診を勧めることなどが適切な場合がある。

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問015】

    登録販売者が医薬品の購入者から確認しておきたい基本的な事項の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. その医薬品を使用する人として、小児や高齢者、妊婦等が想定されるか。
    2. その医薬品を使用する人が相互作用や飲み合わせで問題を生じるおそれのある他の医薬品や食品を摂取していないか。
    3. その医薬品を何のために購入しようとしているのか(購入者側のニーズ、購入の動機)。
    4. その医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けていないか。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成30年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)