薬事に関する法規と制度【問106~110】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問106】

    化粧品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことを目的とするものである。
    2. 化粧品を業として製造販売する場合には、製造販売業の許可が必要であり、販売については販売業の許可が必要である。
    3. 医薬品の成分の配合が認められる場合もある。
    4. 医薬品的な効能効果の表示・標榜がなされた場合には、医薬品医療機器等法第66条第1項により 禁止される虚偽又は誇大な広告に該当する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問107】

    食品に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 機能性表示食品は、安全性及び機能性の根拠に関する情報などの審査を受け、消費者庁長官の許可を受けたものである。
    2. 食品には、専ら安全性の確保のために必要な規制その他の措置が図られている。
    3. 外形上、食品として販売されている製品であっても、その成分本質、効能効果の標榜内容等に照らして医薬品とみなされることがある。
    4. 保健機能食品は、食生活を通じた健康の保持増進を目的として摂取されるものである。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問108】

    以下の栄養成分のうち、栄養機能食品に「本品は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素ですが、多量 摂取により胎児の発育が良くなるものではありません」という注意喚起表示が必要なものとして、正しいものを一つ選びなさい。

    1. マグネシウム
    2. 亜鉛
    3. パントテン酸
    4. ビタミンA
    5. 葉酸

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問109】

    店舗販売業に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 店舗販売業の許可を受けた店舗では、薬剤師が従事していれば、調剤を行うことができる。
    2. 店舗管理者は、保健衛生上支障を生ずるおそれがないよう、その店舗の業務につき、店舗販売業者に対して必要な意見を述べなければならない。
    3. 店舗管理者は、その店舗の所在地の都道府県知事(その店舗の所在地が保健所を設置する市又は 特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)の許可を受けたときを除き、その店舗以外の場所で業として 店舗の管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。
    4. 店舗販売業の許可は、3年ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によってその効力を失う。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問110】

    配置販売業に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 配置販売業とは、購入者の居宅に医薬品をあらかじめ預けておき、購入者がこれを使用した後でなければ代金請求権を生じないといった販売形態である。
    2. 配置販売業者は、医薬品を開封して分割販売することができる。
    3. 配置販売業者又はその配置員は、配置販売業者の氏名及び住所、配置販売に従事する者の氏名及び 住所並びに区域及びその期間を、配置販売に従事している区域の都道府県知事に対し、配置販売を始めた日から30日 以内に届け出なければならない。
    4. 配置販売業者又はその配置員は、その住所地の都道府県知事が発行する身分証明書の交付を受け、 かつ、これを携帯しなければ、医薬品の配置販売に従事してはならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)