医薬品の適正使用・安全対策【問111~115】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問111】

    企業からの副作用等の報告制度に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. 医療用医薬品に関しては、企業からの副作用等に関する報告書を独立行政法人医薬品医療機器 総合機構(PMDA)に提出することとされている。
    2. 医薬品の製造販売業者等は、副作用等の情報収集が義務付けられている。
    3. 既存の医薬品と明らかに異なる有効成分を配合した一般用医薬品は、承認後の3年間を 超えない範囲で、厚生労働大臣が承認時に定める一定期間、安全性に関する報告が求められている。
    4. 収集された副作用の情報については、厚生労働省において調査検討が行われ、その結果 に基づき、PMDAが製品の回収等の安全対策上必要な行政措置を講じる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問112】

    医薬品副作用被害救済制度に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    1. 当制度は、医薬品を適正に使用したにも関わらず発生した副作用による被害者の迅速な救済を図るため、1980年5月より運営が開始された。
    2. 入院治療が必要と認められる場合であって、やむをえず自宅療養を行った場合には、救済給付の対象とならない。
    3. 給付の種類によっては請求期限が定められており、期限を過ぎたものは請求することができない。
    4. 医薬品の副作用であるか不明な場合、給付請求を行うことができない。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問113】

    次のうち、医薬品副作用被害救済制度の対象となる要指導医薬品又は一般用医薬品として、正しいものを1つ選びなさい。

    1. 殺虫剤
    2. 殺鼠剤
    3. 一般用検査薬
    4. 殺菌消毒剤(人体に直接使用するもの)
    5. 日本薬局方精製水

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問114】

    医薬品の適正使用のための啓発活動に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 毎年9月17日から23日の1週間は「薬と健康の週間」として、医薬品の正しい知識を浸透させるための広報活動やイベント等が実施されている。
    2. 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」を広く普及し、薬物乱用防止を一層推進するため、毎年実施されている。
    3. 要指導医薬品又は一般用医薬品の乱用がきっかけとなり、違法な薬物の乱用につながることも あるため、小中学生のうちから医薬品の適正使用に関する啓発を行うことが重要である。
    4. 国、都道府県、保健所を設置する市及び特別区は、関係機関及び関係団体の協力の下に、医薬品 及び医療機器の適正な使用に関する啓発及び知識の普及に努めるものとする。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問115】

    次の医薬品成分と、添付文書に「次の人は使用(服用)しないこと」として記載されている対象者との関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    (医薬品成分) (対象者)
    a アミノ安息香酸エチル 6歳未満の小児
    b スクラルファート 透析療法を受けている人
    c ケトプロフェン 糖尿病の診断を受けた人
    d タンニン酸アルブミン 鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)