医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    【問101】

    一般用医薬品の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 「用法、用量その他使用及び取り扱い上の必要な注意」の記載が義務づけられている。
    2. 重要な内容が変更された場合には、改訂年月を記載するとともに改訂された箇所を明示する。
    3. 販売名の上部に、「使用にあたって、この説明文書を必ず読むこと。また、必要なときに 読めるよう大切に保存すること。」等の文言が記載されている。
    4. 通常の医薬品では、承認を受けた販売名が記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問102】

    次のうち、一般用医薬品の添付文書に記載する項目として含まれないものを1つ選びなさい。

    1. 製造販売業者の名称及び所在地
    2. 効能又は効果
    3. 消費者相談窓口
    4. 製品の特徴
    5. 主たる有効成分の構造式

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問103】

    一般用検査薬の添付文書等に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 妊娠検査薬には、使用者が一般の生活者であるので、検出感度は記載されていない。
    2. キットの内容及び成分・分量のほか、添加物として配合されている成分も必ず記載しなければならない。
    3. 検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。
    4. 使用目的や使用方法が記載されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問104】

    医薬品の保管及び取扱い上の注意に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. カプセル剤は、取り出したときに室温との急な温度差で湿気を帯びるおそれがあるため、冷蔵庫内での保管は不適当である。
    2. 点眼剤は、複数の使用者間で使い回されると、使用に際して薬液に細菌汚染があった場合に、別の使用者に感染するおそれがあるため、他の人と共用しない。
    3. シロップ剤は、変質しにくいため、開封後も常時室温で保管してもよい。
    4. 錠剤は、取り出したときに室温との急な温度差で湿気を帯びるおそれがなく、冷蔵庫内での保管は適当である。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問105】

    独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページに掲載されている情報のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 薬剤師名簿
    2. 一般用医薬品・要指導医薬品の添付文書情報
    3. 登録販売者名簿
    4. 患者向医薬品ガイド・くすりのしおり
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)