医薬品の適正使用・安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問101】

    医薬品医療機器等法第52条で規定する一般用医薬品の添付文書に記載しなければならない事項の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 用法、用量
    2. 使用及び取扱い上の必要な注意
    3. 病気の予防、症状の改善につながる事項
    4. 消費者相談窓口
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問102】

    医薬品の使用上の注意における、高齢者のおよその年齢の目安として、正しいものはどれか。

    1. 60歳以上
    2. 65歳以上
    3. 70歳以上
    4. 75歳以上
    5. 80歳以上

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問103】

    医薬品等の安全性情報に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 安全性速報は、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について緊急かつ重大な注意喚起や 使用制限に係る対策が必要な状況にある場合に、厚生労働省からの命令、指示、製造販売業者の自主決定等に 基づいて作成される。
    2. 安全性速報は、A4サイズの青色地の印刷物で、ブルーレターとも呼ばれる。
    3. 緊急安全性情報は、一般用医薬品を対象外としている。
    4. 緊急安全性情報は、A4サイズの黄色地の印刷物で、イエローレターとも呼ばれる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問104】

    一般用医薬品と一般用検査薬の添付文書に記載される「使用上の注意」に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 「相談すること」の項に「妊婦又は妊娠していると思われる人」と記載されている医薬品は、ヒトに おける具体的な悪影響が判明しているものに限定されている。
    2. 「してはいけないこと」の項には、守らないと症状が悪化する事項、副作用又は事故等が 起こりやすくなる事項について記載されている。
    3. 「次の人は使用(服用)しないこと」の項には、アレルギーの既往歴、症状や状態、基礎疾患等 からみて重篤な副作用を生じる危険性が特に高いため、使用を避けるべき人について、生活者が自らの判断で 認識できるよう記載されている。
    4. 一般用検査薬では、その検査結果のみで確定診断はできないので、判定が陽性であれば速やかに 医師の診断を受ける旨が記載されている。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問105】

    一般用検査薬の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般用検査薬には、使用目的及び使用方法が記載されている。
    2. 一般用検査薬では、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。
    3. 一般用検査薬には、キットの内容及び成分・分量のほか、添加物として配合されている成分も 記載されていなければならない。
    4. 妊娠検査薬では、専門家による購入者等への情報提供の参考として、検出感度も併せて記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)