医薬品の適正使用と安全対策【106~110】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問106】

    一般用医薬品の添付文書に記載されている第1欄の標識的マークが意味するものは第2欄のどれか。

    登録販売者過去問-北陸東海29-22問106

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問107】

    一般用検査薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 一般用検査薬の添付文書においては、効能又は効果、使用方法、キットの内容及び成分・分量等が記載されている。
    2. 一般用検査薬の添付文書においては、一般用検査薬の検査結果のみで確定診断はできないので、 判定が陽性であれば速やかに医師の診断を受ける旨等が記載されている。
    3. 一般用検査薬の添付文書においては、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。
    4. 一般用検査薬の誤判定により健康被害が生じた場合は、医薬品副作用被害救済制度による救済を受けることができる。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問108】

    一般用医薬品の添付文書の使用上の注意及びその理由に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 鼻炎用点鼻薬は、二次充血、鼻づまり等を生じるおそれがあるため、「長期連用しないこと」とされている。
    2. カフェインを主薬とする眠気防止薬は胃液の分泌が亢進するので、「胃潰瘍の診断を受けた人は使用してはいけない」とされている。
    3. テオフィリンが配合された鎮咳去痰薬は、乳児に徐脈を起こすおそれがあるため、「授乳中の人は 本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避ける」とされている。
    4. インドメタシンが配合された外用鎮痛消炎薬は、喘息発作を誘発するおそれがあるため、「喘息を 起こしたことがある人は使用しないこと」とされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問109】

    一般用医薬品であって、次の漢方処方製剤及び医薬品成分を主な成分とする医薬品の添付文書に おいて、「してはいけないこと」の項目に「次の診断を受けた人」として記載される事項のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    (漢方処方製剤・成分) (診断された基礎疾患等)
    a スクラルファート 透析療法を受けている人
    b 芍薬甘草湯 胃酸過多
    c プソイドエフェドリン塩酸塩 糖尿病
    d ビサコジル 口の中に傷やひどいただれのある人

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問110】

    次の成分のうち、その成分を主な成分とする一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の 項目に、喘息を誘発するおそれがあるため、「本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を使用(服用)してぜんそくを 起こしたことがある人」と記載されていないものはどれか。

    1. アスピリン
    2. アセトアミノフェン
    3. アミノ安息香酸エチル
    4. イソプロピルアンチピリン
    5. イブプロフェン

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)