医薬品の適正使用と安全対策【101~105】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問101】

    医薬品の取扱いに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、高度に管理されて製造されているので、化学変化や雑菌の繁殖等が生じる心配は不要である。
    2. 家庭内において、小児が容易に手に取れる場所や目につくところに医薬品が置かれていた場合の誤飲事故が多く報告されている。
    3. 自分と同じ症状の人がいた場合は、医薬品を別の容器に入れ替えて譲ることが望ましい。
    4. 「直射日光の当たらない(湿気の少ない)涼しい場所に(密栓して)保管すること」と記載されて いる錠剤、カプセル剤、散剤は、開封後は冷蔵庫内に保管されるのが望ましい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問102】

    独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されている事項について、正しいものはどれか。

    1. 医師、薬剤師、登録販売者等専門家向けのホームページなので、一般消費者向けの医薬品である 要指導医薬品、一般用医薬品に関連した情報は掲載されていない。
    2. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構より発行される「医薬品・医療機器等安全性情報」が掲載されている。
    3. 一般用医薬品・要指導医薬品の添付文書情報は掲載されていない。
    4. 医薬品による副作用が疑われる症例情報が掲載されている。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書における記載に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 添付文書は、開封時に目を通されれば十分である。
    2. 使用上の注意の記載における「高齢者」とは、およその目安として75歳以上を指しており、一般に高齢者では、副作用等を生じるリスクが高まる傾向がある。
    3. 医薬品の添加物は、それ自体の積極的な薬効を期待して配合されるので、添付文書の成分及び分量として記載されている。
    4. 医師の治療を受けているときは、何らかの薬剤の投与等の処置がなされており、その人の自己判断 で要指導医薬品又は一般用医薬品が使用されると治療の妨げとなったりするので、医師の治療を受けている人は相談するよう記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問104】

    医薬品の添付文書及び外部の容器又は外部の被包に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 毒薬若しくは劇薬の表示又は要指導医薬品に該当する医薬品における表示や、その一般用医薬品が分類されたリスク区分を示す識別表示等が行われている。
    2. 添付文書の消費者相談窓口の項目には、消費生活センターにおいて購入者等からの相談に応じるための窓口担当部門の名称、電話番号、受付時間等が記載されている。
    3. 副作用や事故等が起きる危険性を回避するため、「次の人は使用(服用)しないこと」、「次の部位には使用しないこと」等が記載されている。
    4. 医薬品医療機器等法で規定されている法定表示事項以外は記載してはならない。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問105】

    一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 「次の人は使用(服用)しないこと」の項目には、アレルギーの既往歴、症状や状態、基礎疾患、 年齢、妊娠の可能性の有無、授乳の有無等からみて重篤な副作用を生じる危険性が特に高いため、使用を避けるべき人に ついて、生活者が自らの判断で認識できるよう記載されている。
    2. 摂取されたアルコールによって、医薬品の作用の増強、副作用を生じる危険性の増大等が予測される場合に「服用前後は飲酒しないこと」と記載されている。
    3. 医薬品に配合されている成分の作用によって眠気や異常なまぶしさ等が引き起こされることがある場合に「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」と記載されている。
    4. 「本剤を使用(服用)している間は、次の医薬品を使用(服用)しないこと」の項目には、併用に よる作用の増強、副作用等のリスク増大を避けるため、効能・効果が同一の医薬品に限って記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)