医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問101】

    一般用医薬品の添付文書等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 販売名の上部に、「使用にあたって、この説明文書を必ず読むこと。また、必要なときに読めるよう大切に保存すること。」等の文言が記載されている。
    2. 内容は、医薬品の有効性・安全性等に係る新たな知見、使用に係る情報に基づき、1年に1回定期的に改訂される。
    3. 薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質が簡潔な分かりやすい表現で示されたもので、販売名に薬効名が含まれているような場合には、薬効名の記載は省略されることがある。
    4. 重要な内容が変更された場合には、改訂された箇所を明示することとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問102】

    一般用医薬品の添付文書等の使用上の注意に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 「してはいけないこと」の項目には、守らないと症状が悪化する事項、副作用又は事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
    2. 医師又は歯科医師の治療を受けている人は、自己判断で一般用医薬品が使用されると、治療の妨げ となることがあるため、添付文書等の「相談すること」の項目には、「医師(又は歯科医師)の治療を受けている人」等として記載されている。
    3. 重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)等が掲げられている医薬品では、「本剤又は本剤 の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人は注意して使用すること」と記載されている。
    4. 小児が使用した場合に特異的な有害作用のおそれがある成分を含有する医薬品では、通常、「相談 すること」の項目に「6歳未満の小児」等として記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書等の副作用の記載に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    副作用については、まず一般的な副作用について( a )に症状が記載され、そのあとに続けて、( b )発生する重篤な副作用について( c )に症状が記載されている。

    No a b c
    1 副作用名ごと 連用により 発現部位別
    2 副作用名ごと 高頻度に 発現部位別
    3 副作用名ごと まれに 発現部位別
    4 発現部位別 連用により 副作用名ごと
    5 発現部位別 まれに 副作用名ごと

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問104】

    次の医薬品成分のうち、それを含有することにより一般用医薬品の添付文書等において、「次の人 は使用(服用)しないこと」の項目中に、「ぜんそくを起こしたことがある人」と記載することとされている成分はどれか。

    1. カフェイン
    2. スクラルファート
    3. リドカイン塩酸塩
    4. フェルビナク
    5. アミノフィリン水和物

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問105】

    次の医薬品成分のうち、乳児に昏睡を起こすおそれがあるため、それを含有することにより 内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「してはいけないこと」の項目中に、「授乳中の人は本剤を服用 しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること」と記載することとされている成分はどれか。

    1. アスピリンアルミニウム
    2. アミノ安息香酸エチル
    3. ブロモバレリル尿素
    4. ジフェンヒドラミン塩酸塩
    5. オキセサゼイン

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)