医薬品の適正使用・安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問101】

    次の記述は、一般用医薬品(一般用検査薬を除く。)の添付文書に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 各製品のリスク区分が記載されている。
    2. 販売名に薬効名が含まれているような場合には、薬効名の記載は省略されることがある。
    3. 重要な内容が変更された場合は、改訂年月は記載されるが、改訂された箇所は明示されない。
    4. 使用上の注意は、「警告」、「してはいけないこと」、「相談すること」及び「その他の注意」から構成される。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問102】

    一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般用検査薬を除く一般用医薬品では、「してはいけないこと」に、守らないと症状が悪化する 事項、副作用又は事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
    2. 一般用検査薬では、その検査結果のみで確定診断はできないため、判定が陽性であれば速やかに 医師の診断を受ける旨が記載されている。
    3. 重篤な副作用として、皮膚粘膜眼症候群が掲げられている医薬品では、アレルギーの既往歴が ある人は使用しないこととして記載されている。
    4. 医療用医薬品を併用する場合は、医療機関で治療を受けている人が、治療のために処方された 医薬品の使用を自己判断できるよう、併用できる医療用医薬品の種類が明記されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 乳汁中に移行する成分が配合された医薬品では、必ず「してはいけないこと」として授乳中の人は本剤を服用しない旨が記載されている。
    2. 「相談すること」には、その医薬品を使用する前に、使用の適否について専門家に相談すべき使用(服用)者の状況が記載されている。
    3. 眠気や異常な眩しさを引き起こす成分が配合された医薬品については、服用後、乗物又は機械類の 運転操作をしないよう記載されている。
    4. 摂取されたアルコールによって、医薬品の作用の増強、副作用を生じる危険性の増大が予測される 場合は、医薬品の服用前後は飲酒しないよう記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問104】

    次の記述は、一般用医薬品の添付文書の使用上の注意に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 副作用については、まず、まれに発生する重篤な副作用について副作用名ごとに症状が記載され、 そのあとに続けて、一般的な副作用について発現部位別に症状が記載されている。
    2. 一般的な副作用として記載されている症状には、重篤な副作用の初期症状である可能性があるものは含まれない。
    3. 各医薬品の薬理作用等から発現が予測され、容認される軽微な症状であるが、症状の持続又は 増強がみられた場合には、いったん使用を中止した上で専門家に相談する旨が記載されている。
    4. 漢方処方製剤では、ある程度の期間継続して使用されることにより効果が得られるとされているもの が多いが、長期連用する場合には、専門家に相談する旨が記載されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問105】

    一般用医薬品(一般用検査薬を除く。)の添付文書に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 容認される軽微な副作用は、使用上の注意の項目のうち、「その他の注意」の欄に記載されている。
    2. 効能又は効果の項目には、一般の生活者が自ら判断できる症状、用途等が示されている。
    3. 用法及び用量の項目には、年齢区分、1回用量、1日の使用回数等が記載されている。
    4. 成分及び分量の項目に医薬品の添加物として配合されている成分が掲げられている場合は、その成分 に対するアレルギーの既往歴がある者は使用を避ける必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)