人体の働きと医薬品【問071~075】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問071】

    中枢神経系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. 中枢神経系は脳と脊髄から構成され、脳の下部には、自律神経系、ホルモン分泌等の様々な調節機能を担っている部位がある。
    2. 延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢等がある。
    3. 脳における血液の循環量は心拍出量の約15%、酸素の消費量は全身の約20%、ブドウ糖の消費量は全身の約25%である。
    4. 脊髄は脊椎の中にあり、脳と末梢の間で刺激を伝えるほか、末梢からの刺激の一部に対して脳を介さずに刺激を返す場合があり、これを脊髄反射と呼ぶ。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問072】

    交感神経系が活発になっているときの効果器と作用の関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    (効果器) (作用)
    a 気管、気管支 拡張
    b 胃液分泌亢進
    c 末梢血管 収縮
    d 心臓 心拍数減少

    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問073】

    医薬品の消化管吸収に関する次の記述について、(  )に入れるべき字句の正しい組合せを下欄から選びなさい。

    医薬品の有効成分は主に( a )で吸収される。一般に、消化管からの吸収は、消化管が積極的に医薬品成分を 取り込むのではなく、濃度の( b )方へ( c )的に拡散していく現象である。

    No a b c
    1 大腸 高い方から低い 受動
    2 小腸 高い方から低い 受動
    3 大腸 低い方から高い 能動
    4 小腸 高い方から低い 能動
    5 小腸 低い方から高い 受動

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問074】

    薬の代謝、排泄に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 循環血液中に移行した有効成分は、主として肝細胞の薬物代謝酵素によって代謝を受ける。
    2. 腎機能が低下した人では、正常の人よりも有効成分の尿中への排泄が遅れ、血中濃度が下がりにくい。
    3. 血漿タンパク質と有効成分の複合体は腎臓で濾過されないため、医薬品の作用が持続する原因となる。
    4. 有効成分は代謝を受けると、作用を失ったり、あるいは体外へ排泄されやすい水溶性の物質に変化するが、新たに作用が現れることはない。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問075】

    消化器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    1. 消化性潰瘍は、自覚症状が乏しい場合もあり、貧血症状の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることもある。
    2. イレウス様症状においては、腹痛などの症状のために水分や食物の摂取が抑制されることがあるものの、嘔吐がない場合は、脱水状態となることはない。
    3. 下痢治癒後の便秘を放置することにより、イレウス様症状を悪化させてしまうことがある。
    4. 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状として、肛門部の熱感等の刺激があるが、 発生頻度の高い症状であるため、症状に増強が見られた場合でも、それらの使用を中止する必要はない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)