主な医薬品とその作用【問066~070】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問066】

    以下の神経の興奮・緊張緩和を期待して配合される生薬とその基原植物の薬用部位との関係が誤っているものはどれか。

    No (生薬名) (薬用部位)
    1 ホップ 果穂
    2 カノコソウ 根茎及び根
    3 チョウトウコウ とげ
    4 サンソウニン 茎及び葉

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問067】

    眠気防止薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. カフェインの1回摂取量はカフェインとして200mg、1日摂取量は500mgが上限とされている。
    2. かぜ薬やアレルギー用薬などによる眠気を抑えるための使用が推奨される。
    3. 成長期の小児の発育には睡眠が重要であることから、小児用の眠気防止薬はない。
    4. 眠気防止薬は、一時的に精神的な集中を必要とするときに、疲労を解消し、睡眠が不要になることを目的として使用される。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問068】

    抗ヒスタミン成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 抗ヒスタミン成分は、脳内におけるヒスタミンによる刺激を低下させることにより眠気を促す。
    2. 小児が抗ヒスタミン成分を含む医薬品を服用した場合、大人と比べて神経過敏が生じやすい。
    3. トリメブチンマレイン酸塩は、抗ヒスタミン成分として点眼薬に配合されている。
    4. 抗ヒスタミン成分は、抗コリン作用も示すため、胃酸過多や胸やけの症状が現れやすい。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問069】

    鎮咳去痰薬の成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩は、母乳に移行するため、授乳中の人は服用しないか、授乳を避ける必要がある。
    2. デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、トローチ剤やドロップ剤に配合されることはない。
    3. カルボシステインは、粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くする。
    4. ノスカピンは、気管支を拡張させることを目的として用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問070】

    鎮咳去痰薬に配合される去痰作用のある生薬として、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. キョウニン
    2. シャゼンソウ
    3. ナンテンジツ
    4. バクモンドウ
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)