人体の働きと医薬品【問071~075】

    【問071】

    次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 中枢神経系は、脳と脊髄から構成される。
    2. 延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
    3. 自律神経系は、末梢神経系と体性神経系からなり、呼吸や血液の循環等のように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担っている。
    4. 副交感神経は、体が食事や休憩等の安息状態となるように働くため、副交感神経が活発になると、唾液の分泌は亢進し、瞳孔は散大する。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問072】

    医薬品の有効成分の吸収に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 一般に、消化管からの吸収は、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象である。
    2. 坐剤は、肛門から挿入すると直腸内で溶解し、有効成分が循環血液中に入るため、内服の場合よりも全身作用が緩やかに現れる。
    3. 含嗽薬(うがい薬)は、咽頭粘膜からの吸収が原因で全身的な副作用が起こることは少ないが、 ショック(アナフィラキシー)等のアレルギー性副作用を生じることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問073】

    医薬品の有効成分の代謝及び排泄に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 経口投与後、消化管で吸収され血液中へ移行した有効成分は、全身循環に入った後に門脈を経て肝臓を通過する。
    2. 肝機能が低下した人の場合、内服薬では正常な人に比べて全身循環に到達する有効成分の量が少なくなり、効き目が現れにくくなる。
    3. 循環血液中で血漿タンパク質と複合体を形成した有効成分は、薬物代謝酵素の作用で代謝されず、またトランスポーターによって輸送されることもない。
    4. 循環血液中に存在する有効成分の多くは、腎臓から尿中に排泄されるため、腎機能が低下した人では、正常な人よりも有効成分の尿中への排泄が遅れ、血中濃度が下がりにくい。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問074】

    薬の体内での働きに関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 循環血液中に移行した有効成分は、多くの場合、標的となる細胞に存在する受容体、酵素、トランスポーターなどのタンパク質と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。
    2. 医薬品が摂取された後、その有効成分の血中濃度が上昇し、ある最小有効濃度(閾値)を超えたときに生体の反応としての薬効が現れる。
    3. 医薬品の多くは、一度に大量に摂取するなどして有効成分の血中濃度を高くしても、ある濃度以上になるとより強い薬効は得られなくなり、有害な作用(副作用や毒性)は現れやすくなる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問075】

    医薬品の剤形に関する次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形であり、水なしでも服用できる。
    2. 顆粒剤は、錠剤のように固形状に固めず、小さな粒状にしたものであり、錠剤よりも苦味や渋味を強く感じる場合がある。
    3. 経口液剤は、固形製剤に比べ飲み込みやすいが、消化管からの吸収は比較的遅い点が特徴である。
    4. カプセル剤は、水なしで服用するとカプセルの原材料であるゼラチンが喉や食道に貼り付くことがある。
    5. 外用局所に適用する剤形のうち、一般的に適用部位を水から遮断したい場合にはクリーム剤ではなく軟膏剤を用いることが多い。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)