主な医薬品とその作用【問066~070】

    【問066】

    カフェインに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量は、カフェインとして200mg、1日摂取量は 500mgが上限とされている。
    2. かぜ薬やアレルギー用薬を使用したことによる眠気を抑えるためにカフェインが配合された眠気防止薬を使用するのは適切でない。
    3. カフェインは乳汁中には移行しないので、授乳期間中の女性が服用してもその母乳を飲む乳児には影響がない。
    4. 尿量の増加(利尿)をもたらす作用がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問067】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. ジフェニドール塩酸塩は、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として配合されている。
    2. ジメンヒドリナートは、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑えることを目的として配合されている。
    3. スコポラミン臭化水素酸塩は、中枢に作用して自律神経系の混乱を軽減させるとともに、末梢では消化管の緊張を低下させることを目的として配合されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問068】

    小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合にあっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととなっている。
    2. 小建中湯は、体力虚弱で疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸、手足のほてり、 冷え、ねあせ、鼻血、頻尿及び多尿などを伴うものの小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、 小児夜尿症、夜なきに適すとされる。
    3. ジャコウは、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。
    4. カンゾウについては、小児の疳を適応症とする生薬製剤では主として健胃作用を期待して用いられている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問069】

    次の呼吸器官に作用する薬の配合成分のうち、麻薬性鎮咳成分を1つ選びなさい。

    1. ジメモルファンリン酸塩
    2. コデインリン酸塩
    3. カルボシステイン
    4. クロペラスチン塩酸塩
    5. ブロムヘキシン塩酸塩

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問070】

    口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)とその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 用時水で希釈して使用するうがい薬は、調製した濃度が濃すぎても薄すぎても効果が十分得られない。
    2. 噴射式の液剤は、口腔の奥まで届くよう、息を吸いながら噴射することが望ましい。
    3. ポビドンヨードは、細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。
    4. クロルヘキシジン塩酸塩は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促すことを目的として用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)