主な医薬品とその作用【問061~065】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問061】

    かぜ及びかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. かぜとは、主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、通常は数日~1週間程度で自然寛解し、予後は良好である。
    2. かぜの約8割はウイルス(ライノウイルス、コロナウイルスなど)の感染が原因で、細菌の感染は原因とはならない。
    3. かぜとよく似た症状が現れる疾患に、喘息、アレルギー性鼻炎、リウマチ熱、関節リウマチ、肺炎、肺結核、髄膜炎、急性肝炎、尿路感染症等がある。
    4. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではなく、咳で眠れな かったり、発熱で体力を消耗しそうなときなどに、それら諸症状の緩和を図る対症療法薬である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問062】

    次の表は、あるかぜ薬に含まれている成分の一覧である。

    <6錠中>
    アセトアミノフェン ― 900mg
    d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 ― 3.5mg
    デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 ― 48mg
    dl-メチルエフェドリン塩酸塩 ― 60mg
    無水カフェイン ― 75mg
    ヘスペリジン ― 60mg
    トラネキサム酸 ― 420mg


    このかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. d-クロルフェニラミンマレイン酸塩は、抗ヒスタミン作用によってくしゃみや鼻汁を抑える成分である。
    2. デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は、咳を抑える成分である。
    3. トラネキサム酸には、凝固した血液を溶解されにくくする作用もある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問063】

    解熱鎮痛薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 腹痛を含む痙攣性の内臓痛に対し、一部の漢方処方製剤を除き、解熱鎮痛薬の効果は期待できない。
    2. 解熱鎮痛薬は、発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すものである。
    3. 一般用医薬品の解熱鎮痛薬は、複数の有効成分が配合されている製品が多く、他の解熱鎮痛薬や かぜ薬等が併用されると、同じ成分又は同種の作用を持つ成分が重複して、効き目が強く現れすぎたり、副作用が起こりやすくなったりするおそれがある。
    4. 解熱鎮痛薬は、頭痛に対し、症状が軽いうちに服用すると効果的であるので、予防として発症する前から積極的に使用するべきである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問064】

    解熱鎮痛薬に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. アセトアミノフェンの作用には、解熱及び鎮痛をもたらす末梢作用と、抗炎症をもたらす中枢作用がある。
    2. イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。
    3. イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで消化管粘膜の防御機能を低下させる ため、潰瘍性大腸炎やクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問065】

    眠気を促す薬及びその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的に続く睡眠障害の緩和に適している。
    2. ブロモバレリル尿素を含有する催眠鎮静薬は、胎児に障害を引き起こす可能性がないため、妊婦の 睡眠障害の緩和に適している。
    3. 抑肝散は体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの 神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に適すとされる。
    4. 神経の興奮・緊張緩和を期待して配合される生薬成分のサンソウニンは、クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子を基原とする。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)