医薬品の適正使用・安全対策【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問046】

    一般用医薬品の添付文書における記載項目とその記載事項に関する以下の関係について、誤っているものを一つ選びなさい。

    No 記載項目 記載事項
    1 効能又は効果 一般の生活者が自ら判断できる症状、用途
    2 用法及び用量 年齢区分、1回用量、1日の使用回数
    3 成分及び分量 有効成分が不明なものにあっては、
    その本質及び製造方法の要旨
    4 成分及び分量 添加物として配合されている成分
    (人体に直接作用しない検査薬等を除く。)
    5 消費者相談窓口 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
    の電話番号、受付時間

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問047】

    一般用医薬品の保管及び取扱い上の注意に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 錠剤、カプセル剤は冷蔵庫内で保管することが望ましい。
    2. 点眼薬は、複数の使用者で使い回しすると、万一、使用に際して薬液に細菌汚染があった場合に、別の使用者に感染するおそれがある。
    3. 医薬品を携行するために別の容器へ移し替えると、日時が経過して中身がどんな医薬品であったか分からなくなってしまうことがあり、誤用の原因となるおそれがある。
    4. 病人が小児の場合、すぐ服用させることができるように小児が容易に手に取れる場所(枕元など)に置いたほうがよい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問048】

    以下のうち、医薬品の製品表示として、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 要指導医薬品については、「要」の文字
    2. 一般用医薬品が分類されたリスク区分を示す識別表示
    3. エアゾール製品については、高圧ガス保安法に基づく注意事項
    4. 1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)につい ては、アルコールを含有する旨及びその分量

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問049】

    一般用医薬品の使用期限の表示に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない。
    2. 開封された医薬品は、記載されている期日まで品質が保証される。
    3. 配置販売される医薬品では、「配置期限」として記載される。
    4. 添付文書と外部の容器又は被包に記載しなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問050】

    医薬品副作用被害救済制度における給付の種類と請求の期限の関係について、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    (給付の種類) (請求の期限)
    a 遺族年金 請求期限なし
    b 医療手当 請求に係る医療が行われた日の属する月の
    翌月の初日から5年以内
    (平成20年4月30日以前に行われた
    医療については2年以内)
    c 障害年金 医薬品の副作用により一定程度の障害の
    状態にあると診断を受けた
    ときから5年以内
    (平成20年4月30日以前に行われた
    医療については2年以内)
    d 医療費 医療費の支給の対象となる費用の支払いが
    行われたときから5年以内
    (平成20年4月30日以前に行われた費用の
    支払いについては2年以内)

    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)