主な医薬品とその作用【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問046】

    痔の薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    1. 比較的緩和な抗炎症作用を示す成分として、グリチルレチン酸が配合されている場合がある。
    2. 粘膜表面に不溶性の膜を形成することによる、粘膜の保護・止血を目的として、酸化亜鉛が配合されている場合がある。
    3. 痔による肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して、組織修復成分であるエフェドリン塩酸塩が配合されていることがある。
    4. カイカは、主に抗炎症作用を期待して用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問047】

    肌の角質化、かさつき等を改善する成分を含む外皮用薬に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. いぼに用いる製品については、医薬品としてのみ認められている。
    2. 尿素は、皮膚の角質層を構成するケラチンを変質させることにより、角質軟化作用を示す。
    3. グリセリンは、皮膚の乾燥を改善することを目的として用いられる。
    4. サリチル酸は、角質成分を溶解することにより角質軟化作用を示す。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問048】

    鼻炎用点鼻薬に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 交感神経系を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させることにより、鼻粘膜の充血や腫れを 和らげることを目的として、アドレナリン作動成分が用いられる。
    2. ヒスタミンの働きを抑えることにより、くしゃみや鼻汁等の症状の緩和することを目的として、ケトチフェンが配合されている場合がある。
    3. 鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止することを目的として、セチルピリジニウム塩化物が配合されている場合がある。
    4. 一般用医薬品の鼻炎用点鼻薬の適用範囲は、急性又はアレルギー性の鼻炎及びそれに伴う副鼻腔炎並びに蓄膿症である。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問049】

    殺虫剤に使用される殺虫成分と成分分類の関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    (殺虫成分) (成分分類)
    a ペルメトリン ピレスロイド系殺虫成分
    b プロポクスル オキサジアゾール系殺虫成分
    c ピリプロキシフェン 有機塩素系殺虫成分
    d プロペタンホス 有機リン系殺虫成分

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問050】

    抗真菌成分に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. スルコナゾール硝酸塩は、副作用としてかぶれ、腫れ、刺激感等が現れることがある。
    2. シクロピロクスオラミンは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える。
    3. ウンデシレン酸は、患部を酸性にすることで、皮膚糸状菌の発育を抑える。
    4. ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑える。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)