主な医薬品とその作用【問041~045】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問041】

    婦人薬に関して、次の漢方処方製剤のうち、胃腸の弱い人でも不向きとされていないものを1つ選びなさい。

    1. 温経湯
    2. 加味逍遙
    3. 四物湯
    4. 当帰芍薬散
    5. 柴胡桂枝乾姜湯

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問042】

    かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 小柴胡湯は、体力虚弱で、汗が出るもののかぜの初期に適すとされる。
    2. 葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされる。
    3. 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体の ふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに適すとされる。
    4. 香蘇散は、体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされる。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問043】

    血中コレステロールと高コレステロール改善成分に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

    1. 低密度リポタンパク質(LDL)は、コレステロールを肝臓から末梢組織へと運ぶリポタンパク質である。
    2. 血液中のLDLが多く、高密度リポタンパク質(HDL)が少ないと、生活習慣病につながる危険性が高くなる。
    3. 血液検査値として、LDLが150mg/dL以上、HDLが50mg/dL未満、中性脂肪が160mg/dL以上のいずれかである状態を、脂質異常症という。
    4. パンテチンは、LDLの産生を高める作用があるとされる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問044】

    貧血用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. 補充した鉄分を利用してヘモグロビンが産生されるのを助ける目的で、硫酸銅が配合されている場合がある。
    2. 鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。
    3. 葉酸は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。
    4. 服用の前後30分にタンニン酸を含む飲食物を摂取すると、タンニン酸と反応して鉄の吸収が悪くなることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問045】

    外皮用薬に用いられる抗炎症成分のうち、非ステロイド性であるものの正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. デキサメタゾン
    2. プレドニゾロン酢酸エステル
    3. インドメタシン
    4. ピロキシカム
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)