薬事に関する法規と制度【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問051】

    化粧品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことを目的とするものは化粧品に含まれない。
    2. 化粧品を販売する場合には、化粧品の販売業の許可が必要となる。
    3. 化粧品の原材料については、原則として医薬品の成分を配合してはならないが、添加物として使用 されているなど、薬理作用が期待できない量以下であれば、認められる場合がある。
    4. 不良化粧品及び不正表示化粧品の販売は禁止されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問052】

    一般用医薬品の直接の容器又は被包に記載が義務づけられている事項として、誤っているものはどれか。

    1. 製造番号又は製造記号
    2. 日本薬局方に収載されている医薬品については「日本薬局方」の文字等
    3. 製造販売業者等の氏名又は名称及び住所
    4. 一般用医薬品のリスク区分を示す識別表示
    5. 指定第二類医薬品にあっては、枠の中に「指2」の文字

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問053】

    濫用のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品(平成26年厚生労働省告示第252号)に該当する有効成分として、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. エフェドリン
    2. ジフェンヒドラミン
    3. カフェイン
    4. ブロムワレリル尿素(ブロモバレリル尿素の別名)
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(a,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問054】

    一般用医薬品に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 生物由来製品として指定された一般用医薬品がある。
    2. 新たに一般用医薬品となった医薬品は、承認後の一定期間、第一類医薬品に分類される。
    3. 第三類医薬品に分類されている医薬品について、日常生活に支障を来す程度の副作用を生じる おそれがあることが明らかとなった場合には、第一類医薬品又は第二類医薬品に分類が変更されることもある。
    4. 第一類医薬品のうち、「特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの」を「指定第一類医薬品」としている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(a,c)
    4. 4.(a,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問055】

    要指導医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 要指導医薬品は、その効能及び効果において人体に対する作用が著しく、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされるものである。
    2. 要指導医薬品は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
    3. 配置販売業者は、薬剤師により販売又は授与させる場合にあっては、要指導医薬品の販売を行うことができる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)