主な医薬品とその作用【問041~045】

    【問041】

    痔及び痔疾用薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 痔の対処には、痔を生じた要因となっている生活習慣の改善を図ることは重要ではなく、痔疾用薬の使用のみでよい。
    2. 内用痔疾用薬は、比較的緩和な抗炎症作用、血行改善作用を目的とする成分のほか、瀉下・整腸成分 等が配合されたもので、外用痔疾用薬と併せて用いると効果的なものである。
    3. 直腸粘膜には知覚神経が通っていないため、直腸粘膜にできた内痔核は自覚症状が少ない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問042】

    次の表は、ある外用痔疾用薬に含まれている成分である。
    この外用痔疾用薬に含まれている成分とその配合目的・作用に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    <1000㎎中>
    プレドニゾロン酢酸エステル ― 0.5㎎
    リドカイン ― 30㎎
    アラントイン ― 10㎎
    ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル) ― 25㎎


    1. プレドニゾロン酢酸エステル -------- 炎症や痒みを和らげる
    2. リドカイン ------------------------ 局所の感染の防止
    3. アラントイン ---------------------- 血管収縮作用による止血
    4. ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)
                          -------------- 末梢血管の血行を改善
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問043】

    次のa~cの(  )に入る字句の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    ( a )は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適するとされる。
    ( b )は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ(おりもの)、 頻尿に適するとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    ( c )は、体力中等度以下で、疲れやすくて尿量減少または多尿で、ときに手足のほてり、口渇があるものの 排尿困難、残尿感、頻尿、むくみ、痒み、夜尿症、しびれに適するとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、腹痛、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

    No a b c
    1 六味丸 猪苓湯 竜胆瀉肝湯
    2 猪苓湯 竜胆瀉肝湯 六味丸
    3 竜胆瀉肝湯 猪苓湯 六味丸
    4 六味丸 竜胆瀉肝湯 猪苓湯
    5 猪苓湯 六味丸 竜胆瀉肝湯

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問044】

    婦人薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 内服で用いられる婦人薬には、複数の生薬成分が配合されている場合が多いが、比較的作用が 穏やかであり、他の生薬成分を含有する医薬品(鎮静薬、胃腸薬、内用痔疾用薬等)が併用された場合でも副作用が起こることはない。
    2. エストラジオールは、長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性がある。
    3. 女性の月経や更年期障害に伴う諸症状の緩和に用いられる温清飲や四物湯はいずれも カンゾウを含まない漢方処方製剤である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問045】

    内服アレルギー用薬に配合される成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. フェニレフリン塩酸塩は、副交感神経系を刺激して鼻粘膜の血管を収縮させることによって充血や腫れを和らげることを目的としている。
    2. ジフェンヒドラミン塩酸塩は、母乳を与える女性は使用を避けるか、使用する場合には授乳を避ける必要がある。
    3. トラネキサム酸は、皮膚や鼻粘膜の炎症を和らげることを目的としている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)