主な医薬品とその作用【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問046】

    抗アレルギー薬の有効成分等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 抗ヒスタミン成分によりヒスタミンの働きが抑えられると眠気が促される。
    2. 皮膚や鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として、カンゾウが配合されている場合がある。
    3. メチルエフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用により痒みを鎮める効果を期待して、アレルギー用薬でも用いられることがある。
    4. プソイドエフェドリン塩酸塩は、中枢神経系に対する作用がない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問047】

    アレルギーの治療に使われる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 消風散は、鼻の症状を主とする人に適すとされている。
    2. 茵蔯蒿湯は、体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹、口内炎、皮膚の痒みに適すとされている。
    3. 十味敗毒湯は、比較的体力があるものの鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に適すとされている。
    4. 辛夷清肺湯は、体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの鼻づまり、 慢性鼻炎、蓄膿症に適すとされている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問048】

    コンタクトレンズ使用時の点眼法に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句 の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( a )内は、いずれも同じ字句が入る。

    コンタクトレンズをしたままでの点眼は、( a )、( b )に関わらず、添付文書に使用可能と記載されてない 限り行うべきでない。
     通常、( a )は水分を含みやすく、防腐剤などの配合成分がレンズに吸着されて、( c )に障害を引き起こす 原因となるおそれがあるため、装着したままの点眼は避けることとされている製品が多い。

    No a b c
    1 ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ 角膜
    2 ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ 結膜
    3 ソフトコンタクトレンズ ハードコンタクトレンズ 角膜
    4 ソフトコンタクトレンズ ハードコンタクトレンズ 結膜
    5 ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ 網膜

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問049】

    目に用いる医薬品等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. コンタクトレンズ装着液には、医薬部外品として認められているものがある。
    2. 点眼薬は、容器が開封されてから長期間を経過しても、使用に支障はない。
    3. 眼科用薬においても、全身性の副作用が現れることがある。
    4. 医師から処方された点眼薬と一般用医薬品の点眼薬を併用しても、治療中の疾患に影響は生じない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問050】

    目の治療に用いる薬の有効成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを抑え、目の調節機能を改善する効果を目的として用いられる。
    2. イプシロン-アミノカプロン酸は、炎症の原因となる物質の分解を促進する作用を示す。
    3. アラントインは、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を促す作用を期待して配合されている場合がある。
    4. コンドロイチン硫酸ナトリウムは、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられる。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)