主な医薬品とその作用【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問046】

    眼科用薬及びその使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. コンタクトレンズをしたままでの点眼は、ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズに関わらず、添付文書に使用可能と記載されていない限り行うべきではない。
    2. 洗眼薬には、抗炎症成分や抗ヒスタミン成分が配合されているものはない。
    3. 点眼薬は、一度に何滴も点眼しても効果が増すわけではなく、むしろ鼻粘膜や喉から吸収されて、 副作用を起こしやすくなる。
    4. 点眼薬は、結膜嚢に適用するものであるため、通常、無菌的に製造されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問047】

    眼科用薬の配合成分とその成分を配合する目的との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    (配合成分) (配合目的)
    a プラノプロフェン 目の炎症を改善する。
    b スルファメトキサゾール 目の疲れを改善する。
    c パンテノール 目の調節機能の回復を促す。
    d リゾチーム塩酸塩 結膜や角膜の乾燥を防ぐ。

    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問048】

    一般的な創傷への対応に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 創傷部に殺菌消毒薬を繰り返し適用すると、皮膚常在菌が殺菌されてしまい、また、殺菌消毒成分 により組織修復が妨げられて、かえって治癒しにくくなったり、状態を悪化させることがある。
    2. 水洗が不十分で創傷面の内部に汚れが残ったまま、創傷表面を乾燥させるタイプの医薬品を使用 すると、内部で雑菌が増殖して化膿することがある。
    3. 火傷(熱傷)は、できるだけ早く、水道水などで熱傷部を冷やすことが重要であり、冷やした 後は、水疱(水ぶくれ)を破ってから、ガーゼ等で覆うとよいとされている。
    4. 出血しているときは、創傷部に清潔なガーゼやハンカチ等を当てて圧迫し、止血する。このとき、 創傷部を心臓よりも低くして圧迫すると、止血効果が高い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問049】

    きず口等の殺菌消毒薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. オキシドールは、作用の持続性や組織への浸透性が高い。
    2. アクリノールは、徐々にヨウ素が遊離して殺菌作用を示すように工夫されたものである。
    3. クロルヘキシジン塩酸塩は、真菌類に対する殺菌消毒作用はない。
    4. ベンザルコニウム塩化物は、石鹸との混合によって殺菌消毒効果が高くなる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問050】

    抗真菌薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 湿疹か皮膚糸状菌による皮膚感染かはっきりしない場合、抗真菌成分が配合された医薬品を使用することが望ましい。
    2. ウンデシレン酸は、患部を酸性にすることにより、皮膚糸状菌の発育を抑える。
    3. イミダゾール系の抗真菌薬は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。
    4. テルビナフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)