人体の働きと医薬品【問056~060】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問056】

    皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 皮膚粘膜眼症候群はスティーブンス・ジョンソン症候群とも呼ばれる。
    2. 中毒性表皮壊死融解症の症例の多くが、皮膚粘膜眼症候群の進展型とみられる。
    3. 中毒性表皮壊死融解症は、一旦発症すると多臓器障害の合併症等により致命的な転帰をたどることがある。
    4. 両眼に現れる急性結膜炎は、中毒性表皮壊死融解症の前兆である可能性がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問057】

    偽アルドステロン症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加することにより生じる。
    2. 主な症状としては、筋肉痛、喉の渇き、倦怠感、血圧上昇等がみられる。
    3. 体内にカリウムが貯留し、体からナトリウムが失われたことに伴う症状である。
    4. 複数の医薬品や、医薬品と食品との間の相互作用によって起きることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問058】

    消化器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 消化性潰瘍は、消化管出血に伴って糞便が黒くなる。
    2. イレウス様症状は、普段から下痢傾向がある人において発症のリスクが高い。
    3. 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状に、肛門部の熱感等の刺激、排便直後の立ちくらみなどがある。
    4. イレウス様症状が悪化すると、腸内容物の逆流による嘔吐が原因で脱水症状を呈することがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問059】

    呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 間質性肺炎は、かぜや気管支炎の症状との区別が容易である。
    2. 喘息は、一般的に原因となる医薬品の使用から1~2週間程度で起きることが多い。
    3. 間質性肺炎を発症すると、息切れ、空咳、発熱等の症状を呈する。
    4. 医薬品で喘息発作を起こしたことがある人は、同種の医薬品の使用を避ける必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問060】

    医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

    1. 薬疹は、医薬品ごとに生じる発疹の型が決まっている。
    2. 光線過敏症は、貼付剤を剥がした後でも発症することがある。
    3. 接触皮膚炎は、医薬品の触れた部分だけでなく全身に広がって重篤化する可能性がある。
    4. 光線過敏症の症状が現れた場合は、患部は洗浄せずそのままの状態で、清潔な白い生地等で覆い医師の診療を受ける必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)