人体の働きと医薬品【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問051】

    交感神経系が効果器に及ぼす反応に関する組合せのうち、誤っているものはどれか。

    No 効果器 反応
    1 膀胱 排尿抑制
    2 瞳孔散大
    3 運動亢進
    4 心臓 心拍数増加

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問052】

    薬が働く仕組みに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 局所作用を目的とする医薬品の場合、全身性の副作用が生じることはない。
    2. 体内に吸収された有効成分が全身を巡って薬効をもたらすことを全身作用という。
    3. 医薬品が体内で引き起こす薬効と副作用を理解するには、薬物動態に関する知識が不可欠である。
    4. 有効成分が循環血液中に移行して全身作用を示すことを目的とした経皮吸収製剤が存在する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問053】

    薬の体内での働きに関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

    循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、多くの場合、標的となる 細胞に存在する( a )、酵素、( b )などの( c )と結合し、その機能を変化させることで薬効や( d )を現す。

    No a b c d
    1 受容体 トランスポーター アミノ酸 相互作用
    2 受容体 トランスポーター タンパク質 副作用
    3 受容体 複合体 アミノ酸 相互作用
    4 細胞核 複合体 タンパク質 副作用
    5 細胞核 トランスポーター タンパク質 相互作用

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問054】

    医薬品の剤型に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 錠剤のように固形状に固めず、粉末状にしたものを顆粒剤という。
    2. 錠剤には、腸内での溶解を目的として錠剤表面をコーティングしているものがある。
    3. 口腔内崩壊錠は、口の中の唾液で速やかに溶ける工夫がなされているので、水なしで服用することができる。
    4. スプレー剤は、手指等では塗りにくい部位や広範囲に適用する場合に適している。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問055】

    薬の体内での働きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 医薬品の有効成分の代謝・排泄の速度が吸収・分布の速度を上回ると、医薬品の有効成分の血中濃度は上昇する。
    2. 医薬品の有効成分の血中濃度が、ある最大有効濃度を超えたときに生体の反応としての薬効が現れる。
    3. 一度に大量の医薬品を摂取して血中濃度を高くしても、ある濃度以上になるとより強い薬効は得られなくなる。
    4. 全身作用を目的とする医薬品の多くは、使用後の一定期間、その有効成分の血中濃度が、無効域と中毒域の間の範囲に維持されるよう、使用量及び使用間隔が定められている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)