人体の働きと医薬品【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問036】

    医薬品の剤形、適切な使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 口腔内崩壊錠は、口の中の唾液で速やかに溶ける工夫がなされているため、水なしで服用することができる。
    2. チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形であり、水なしでも服用できる。
    3. 経口液剤は、固形製剤よりも飲みやすく、服用後、消化管からの吸収が比較的遅いという特徴がある。
    4. 一般的には、適用する部位の状態に応じて、適用部位を水から遮断したい場合にはクリーム剤を用い、 患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合等には軟膏剤を用いることが多い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問037】

    偽アルドステロン症に関する以下の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    体内に( a )と水が貯留し、体から( b )が失われることによって生じる病態であり、( c )からの アルドステロン分泌が増加していないにもかかわらずこのような状態となることから、偽アルドステロン症と呼ばれている。

    No a b c
    1 カリウム ナトリウム 副腎髄質
    2 カリウム ナトリウム 副腎皮質
    3 ナトリウム カリウム 副腎髄質
    4 ナトリウム カリウム 副腎皮質

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問038】

    呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 間質性肺炎を発症すると、体内は低酸素状態となり、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳(痰の出ない咳)、発熱等の症状を呈する。
    2. 間質性肺炎は、原因となる医薬品の使用開始後、1~2日程度で起きることが多い。
    3. 喘息は、原因となる医薬品の使用後、短時間(1時間以内)のうちに鼻水・鼻づまりが現れ、続いて 咳、喘鳴(息をするとき喉がゼーゼー又はヒューヒュー鳴る)及び呼吸困難を生じる。
    4. 喘息は、坐薬や外用薬により誘発されることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問039】

    医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 皮膚粘膜眼症候群は、最初に報告をした医師の名前にちなんでライエル症候群とも呼ばれる。
    2. 皮膚粘膜眼症候群の発症機序の詳細は不明である。
    3. 中毒性表皮壊死融解症の症例の多くが皮膚粘膜眼症候群の進展型とみられている。
    4. 中毒性表皮壊死融解症は、原因医薬品の使用開始後1年以上経ってから発症することが多い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問040】

    医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 血液中の血小板が減少し、鼻血、歯ぐきからの出血、手足の青あざ(紫斑)や口腔粘膜の血腫等の 内出血、経血が止まりにくい(月経過多)等の症状が現れることがある。
    2. 消化性潰瘍では、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
    3. 小児や高齢者のほか、普段から下痢傾向のある人は、イレウス様症状(腸閉塞様症状)の発症のリスクが高い。
    4. 光線過敏症の症状は、医薬品が触れた部分に限定され、全身に広がって重篤化することはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)